September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 参院選は反日軍VS日本軍の最終戦! 「消費税がテーマ?」メディアの目くらましだ! | Main | 9党党首討論 外参権、人権擁護法案に関する質問なし 消費税に集中 »

June 23, 2010

菅ニンマリ?攻め一転、守りの“アナグマ作戦”進行中

 やまと新聞のページに、「菅ニンマリ?攻め一転、守りの“アナグマ作戦”進行中」という記事がある。民主党に取って都合の悪いことを争点に持ち出されないよう、おとなしくして選挙に臨もうということだ。つまりは国民をだますと言う事である。

 ここまで国民を舐めた首相がかつていただろうか。国民を愚弄するにも程がある。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 菅直人首相(63)が21日から、記者団による朝の首相公邸前での取材を認めないことになった。「消費税10%」をブチ上げた攻めと、揚げ足を取られることを避けるため取材には極力応じない守備的姿勢を使い分ける菅首相。内閣支持率や党内の反発をにらみながら、微妙なかじ取りが続いているようだ。

 菅首相は21日の記者会見で、消費税増税の実施時期について「少なくともこれから2、3年あるいはもう少しかかる」と強調した。

 背景には増税姿勢は鮮明にしたものの、世論の動向や党内情勢に神経質になっていることがある。

 20日夜、首相公邸で仙谷由人官房長官(64)、民主党の枝野幸男幹事長(46)らとレバニラいためをつつきながら参院選の情勢分析。枝野氏に近い民主党中堅議員は「このとき、菅首相は、内閣支持率が思ったほど下落していないためか、ほっとしたような感じだったようだ」と話した。

 それもそのはず。消費税は、選挙を控えた与党にとって鬼門で、1979年の総選挙で「一般消費税」の導入を目指した大平正芳首相率いる自民党が大敗。近いところでは98年、前年に消費税を5%に上げた橋本龍太郎首相が、その後の減税をめぐるブレで参院選で大敗して退陣した経緯があるためだ。

 ただ、増税に積極姿勢を示すことを事前に伝えていたのが仙谷氏ら限られた人物だけで根回しがなかったうえ、首相が「10%」の積算根拠を示していないため、党内では不満も高まっている。

 実際、21日の党常任幹事会では、「地元では、とても理解できないという意見が圧倒的だ」(松木謙公衆院議員)、「あまりにも早すぎる」(高嶋良充参院幹事長)と異論が相次いだ。批判は小沢一郎前幹事長(68)に近い議員が中心で、消費税が「反小沢」と「親小沢」の争いの火種にもなっているのだ。

 こうした中で朝のぶら下がり取材の拒否。

 民主党ベテラン議員は「前政権は、ぶれてつぶれた。世論調査でも、ほぼ半数が消費税増税を容認している。それだけに、取材機会や論戦を減らし、揚げ足をとられなければ参院選は突破できる。その間に理論武装をすればいい。ダマ菅もしくはアナグマ作戦だ」と狙いを話す。

 南アフリカで開催中のサッカーW杯では守備を固め、少ない手数で得点を狙う「負けないための戦術」が奏功しているようだが、菅首相もこれにあやかろうとしているのか。
 ↑ここまで

« 参院選は反日軍VS日本軍の最終戦! 「消費税がテーマ?」メディアの目くらましだ! | Main | 9党党首討論 外参権、人権擁護法案に関する質問なし 消費税に集中 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48704847

Listed below are links to weblogs that reference 菅ニンマリ?攻め一転、守りの“アナグマ作戦”進行中:

« 参院選は反日軍VS日本軍の最終戦! 「消費税がテーマ?」メディアの目くらましだ! | Main | 9党党首討論 外参権、人権擁護法案に関する質問なし 消費税に集中 »