September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「菅新首相は『くみしやすい相手』…中国・胡政権」 こらあかんわ | Main | 菅内閣と教科書問題、菅直人は「11万人集会」に参加していた! »

June 05, 2010

菅新首相についての各紙社説

 6月5日の各紙朝刊に、菅新首相についての社説が載った。見出しを列挙する。

 産経新聞: 菅新首相 国の針路正し危機打開を ばらまき政権公約を撤回せよ
 読売新聞: 菅・新首相選出 日米同盟と経済を立て直せ
 毎日新聞: 菅直人新首相 政治立て直す指導力を
 朝日新聞: 菅新首相誕生―「市民」の力量が試される

 毎日と朝日、そして読売の社説は、首相が変わって政治が良くなるかのように、読者を誘導しているように読める。

 例えば小沢の影響力はこれからも続くと思われる。今回の代表選出の日程も小沢が決めたのだ。次は「菅だ」と指名しなかったという保障はどこにもない。前原氏や岡田が早々と菅の支持に回ったのも時間がなかったとはいえ不自然だ。

 ところが、毎日新聞は次のように書く。

 「今回、民主党代表選の焦点は、鳩山由紀夫前首相と共に役職から身を引いた小沢氏の影響力排除をどこまで示せるかにあった。菅氏の貫禄勝ちだったとはいえ、小沢氏と距離を置く姿勢を明確にしたうえで樽床伸二衆院環境委員長に圧勝した意味は大きい。最大勢力である小沢氏系グループがキングメーカーとなる構図は幻想だったとすら言える

 小沢派の樽床議員をあえて立候補させたのは演出であろう。その程度のことがわからないとは。

 朝日新聞は次のように書く。

 「菅新首相の登場には、昨年の政権交代にひけを取らないくらいの歴史的な意味合いを読み取ることができる」

 「新首相を表現するキーワードは、『市民』である」

 朝日の言う「市民」というのは、「サヨク」という意味に変質している。市民とは本来都市に住む住民で、事が起これば自ら戦う者であった。そういう意味にはとらえられていない。

 「今回の代表選は本来、鳩山政権の失政を総括し、民主党が出直しの足場を固める機会だった。ところが、鳩山首相の退陣表明のわずか2日後に実施するという拙速ぶり。そんな選挙戦を通じ「世代交代」を訴えた中堅の樽床伸二衆院議員より、厚相として薬害エイズ問題に取り組んだ実績や党代表を2回つとめた経験のある菅氏が選ばれたのは、当然の結果ともいえるだろう」

 こうやって、小沢の力がなくなったかのように書き、菅がいかにも優秀であるかのように書く

 読売はこうだ。

 「新首相は、代表選出馬にあたり小沢氏について「しばらく静かにして頂いた方が、本人にも、民主党にも、日本の政治にとってもいい」と述べた。「非小沢」の仙谷、枝野両氏の重用は、小沢氏と距離を置く姿勢を示すものだろう」

 毎日、朝日、読売ともに、民主党のイメージアプの片棒を担いでいるといえる。

 ただ、毎日は、「責任ある公約示せ」と、次のように書いている。

 「さきの衆院選で掲げたマニフェストはバラマキ型の内容ですでに財源の骨格が破綻(はたん)している。誤りは率直に国民に謝罪したうえで、実現可能なプランを示さねばならない」

 読売もこのようなこともかいてはいる。

 「鳩山政権を崩壊に追い込んだ「政治とカネ」の問題は、鳩山、小沢両氏の退陣によっても、何ら解決していない。民主党がクリーンな政治をめざすというなら、両氏に国会で説明責任を果たすよう求めるべきだろう」

 しかし、まだ客観的に書いているのは産経新聞の社説だ。

 小沢については次のように書く。

 「打破すべきは小沢一郎幹事長への権力集中に伴って続いてきた独裁的な党運営である。小沢氏と距離を置いていた人材を内閣と党の中枢に据え、小沢氏の影響力を排除することは当然である」

 「小沢氏は政治とカネをめぐる問題で国民の信を失ってしまったことを潔く認め、鳩山由紀夫首相を見習って、政界からの引退を決断すべきである」

 菅の言う政策についても批判している。

 「増税したとしても医療・介護など成長分野に支出し、税収増によって財政を再建するという菅氏のバラ色の手法も疑問が残る。その効果が上がるまで財政破綻は待ってくれないし、机上の計算が一つ狂えば目も当てられまい」

 「まず、ばらまき政権公約を撤回し、増税を堅実な財政健全化につなげる。それが成長の阻害要因を取り除く最大の政策である。菅氏は鳩山政権で国家戦略担当相、財務相として成長戦略の迷走と財政悪化に深くかかわった責任をもっと自覚せねばならない」

 そして極めつけは次。他紙は一切触れていないが、これだけでも菅は首相になる資格などないと思う。

 「不安材料は、北朝鮮による拉致問題への対応だ。拉致実行犯である辛光洙(シン・ガンス)容疑者らの釈放嘆願書に菅氏が署名したことがあるからだ。個別名まで確認する余裕はなかったなどと釈明しているが、明確に謝罪すべきだ。対北制裁問題で毅然(きぜん)とした姿勢を示すかどうか注視したい」

« 「菅新首相は『くみしやすい相手』…中国・胡政権」 こらあかんわ | Main | 菅内閣と教科書問題、菅直人は「11万人集会」に参加していた! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48547116

Listed below are links to weblogs that reference 菅新首相についての各紙社説:

» 樽床伸二 三刀屋 [お茶漬けは鮭か梅]
世間をお騒がせの、話題・・・・・・さて、どんな内容なんでしょうか。。。。明日の話題についていけるよう、((+_+))菅新首相についての各紙社説 、小沢氏と距離を置く姿勢を明確にしたうえで樽床伸二衆院環境委員長に圧勝した意味は大きい。 最大勢力である小沢氏系グループがキングメーカーとなる構図は幻想だったとすら言える 」 小沢派の樽床議員をあえて立候補させたのは演出であろう。その程度(続きを読む) 野生のイルカのおはなしイルカって、人を癒す能力をもってるんですよね。以前、どこかのページでみました。とある... [Read More]

« 「菅新首相は『くみしやすい相手』…中国・胡政権」 こらあかんわ | Main | 菅内閣と教科書問題、菅直人は「11万人集会」に参加していた! »