September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 大阪市生活保護外国人1万人突破 最多は在日韓国・朝鮮人 | Main | 保守結集 国家観めぐる論戦を期待 »

June 14, 2010

はやぶさのカプセル回収、異常なく外殻も発見

 はやぶさ帰還は、久しぶりの明るいニュースだ。技術立国日本の意地を見せたというところか。これから先は真っ暗だが。スーパーコンピュータとか。

 産経新聞に、「はやぶさのカプセル回収、異常なく外殻も発見 日本に空輸し分析へ」という記事がある。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 宇宙航空研究開発機構は14日、オーストラリア南部ウーメラ付近の砂漠に落下した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルを回収してヘリコプターで輸送、回収作業拠点施設に運び込んだ。

 回収に当たった研究者によると、小惑星「イトカワ」の砂が入っている可能性があるカプセルに、破損や異常はないという。

 また、近くでは、パラシュートを広げたときにカプセルから外れた耐熱構造の外殻も見つかった。15日以降に回収する。

 14日午後、研究者ら8人がヘリで落下点付近に到着。カプセルに付いている火薬などの危険物が安全な状態かどうか調べた上で、専用のコンテナに入れ、ヘリで拠点施設まで運んだ。大気圏突入後、外殻が外れたカプセルは直径約30センチ、高さ約15センチで、重さは約6キロ。

 この後カプセルは拠点施設で厳重に梱包され、順調なら17日にチャーター機で日本へ向けて出発。18日には相模原市の宇宙機構の分析施設に運ぶ予定。担当者は、砂が入っていた場合は9月ごろまでにイトカワのものと確定したいとしている。

 現場は地権者である先住民アボリジニの聖地にあるため、14日午前、アボリジニがヘリで空から視察。カプセル回収のため着陸したり、現地で作業したりする許可が得られた。

 はやぶさは2005年にイトカワに着陸。地表の岩石を砕いて飛び散らせてカプセルに取り込むための金属球2個の発射はできなかったとみられているが、着陸の衝撃で舞い上がった砂が、カプセルの開口部から中に入った可能性があるという。
 ↑ここまで

« 大阪市生活保護外国人1万人突破 最多は在日韓国・朝鮮人 | Main | 保守結集 国家観めぐる論戦を期待 »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48631113

Listed below are links to weblogs that reference はやぶさのカプセル回収、異常なく外殻も発見:

« 大阪市生活保護外国人1万人突破 最多は在日韓国・朝鮮人 | Main | 保守結集 国家観めぐる論戦を期待 »