September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« もはや日本政府は中国の影響下 | Main | 闇法案への対峙と対策 平成22年度版 »

June 03, 2010

「妻と韓国に行きたい」「これからも友人で」 首相、韓国大統領と電話会談

 産経新聞のページに、「『妻と韓国に行きたい』『これからも友人で』 首相、韓国大統領と電話会談」という記事がある。会談というよりは雑談だろう。大統領は何のために会談をしたのかがわからない。外国人地方参政権付与法案を次は通してくれとでも言いたかったのだろうか。

 話は変わるが、首相官邸を改築したのは夫人が韓流スターを呼ぶためだったという話もある。本当なら公私混同だし、全く持って無駄な事だ。

 2人揃って韓国にでも行って、もう日本に帰ってこなくても構わない。だが退陣したからといっても元日本の首相だ。韓国併合100年ということで「謝罪」など絶対にしないでもらいたい。日本人が迷惑する。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 鳩山由紀夫首相は3日午後、韓国の李明博大統領と電話で会談した。大統領は首相の退陣表明を踏まえ「アジアや韓国の問題への貢献は大きかった」と指摘。哨戒艦沈没事件での韓国への支持に謝意を示し「これからも友人でいよう」と呼び掛けた。

 首相は「少し自由な時間ができる。妻と韓国に行き、またお目にかかりたい」と応じた。会談は大統領側が要請した。
 ↑ここまで

« もはや日本政府は中国の影響下 | Main | 闇法案への対峙と対策 平成22年度版 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48536273

Listed below are links to weblogs that reference 「妻と韓国に行きたい」「これからも友人で」 首相、韓国大統領と電話会談:

« もはや日本政府は中国の影響下 | Main | 闇法案への対峙と対策 平成22年度版 »