September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« データの罠 世論はこうしてつくられる | Main | 保守派票の取込み狙う民主党の巧妙宣伝と左翼情念 »

June 21, 2010

「与党の会期末処理拒否で請願約4000件がフイに」 これが民主党の正体・選挙至上主義

 産経新聞のページに、「与党の会期末処理拒否で請願約4000件がフイに」という記事がある。「請願の扱いに法的拘束力はないものの、政府は請願が送付されると対応を報告しなければならない」のだが、「野党が菅直人首相問責決議案などを出すと、民主党は決議案の採決を避けるために16日の参院本会議の開催を拒否した。これに反発した野党が衆院の審議を拒否したことで、衆参両院ですべての請願が採択されずに審議未了となった」

 民主党が国民のことなど全く考えていないことがわかる。これでも民主党を支持する者は、単なる馬鹿か、別の何かの理由があるとしか思えない。例えば、在日への参政権付与を期待しているとか。左翼であるとか。日教組の組合員であるとか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 通常国会会期末の16日に民主党が参院本会議の開催を拒否したことで、国民が政府に要望する請願約4000件が国会閉会とともに葬られたことが波紋を広げている。野党各党は「憲法で保障された国民の請願権を奪う行為だ」として、かつては請願を重視した民主党が「選挙第一主義」に変心したと批判している

 請願の扱いに法的拘束力はないものの、政府は請願が送付されると対応を報告しなければならない。野党各党は「政府に国民の声を届ける重要な手段」(共産党国会事務局)と位置づけてきた。民主党も野党時代は通常国会で毎年約2千件の請願を紹介した。

 先の国会では、衆院が2106件、参院は1790件の請願を受理した。署名はのべ約2300万人分にのぼった。請願内容は各種法改正の要求のほか、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題や選択的夫婦別姓などに関し意見が寄せられた。

 通常は衆参両院が受理した請願のうち、与野党が一致する「1、2割程度」(衆院請願課)が会期末の本会議で採択され、内閣に送付される。昨年のように衆院の解散・総選挙によって国会が閉会し、請願が審議未了となってしまうこともあるが、前回の参院選が行われた平成19年の通常国会では衆参両院で計850件が採択された。

 だが先の国会では、野党が菅直人首相問責決議案などを出すと、民主党は決議案の採決を避けるために16日の参院本会議の開催を拒否した。これに反発した野党が衆院の審議を拒否したことで、衆参両院ですべての請願が採択されずに審議未了となった。

 16日に参院で共同記者会見した野党7党は「国民が寄せた請願を無視するのは許せない」(川田龍平みんなの党政調会長代理)「議会制民主主義を担う資格が問われる」(井上哲士共産党参院国対委員長)などと民主党の対応を批判した。

 関西大の吉田栄司教授(憲法学)は「国会請願には本来回答が準備されるべきで、会期末に受理処理さえなかったのは(請願権を保障した)憲法16条の重大な侵害だ」と話している。
 ↑ここまで

« データの罠 世論はこうしてつくられる | Main | 保守派票の取込み狙う民主党の巧妙宣伝と左翼情念 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48682209

Listed below are links to weblogs that reference 「与党の会期末処理拒否で請願約4000件がフイに」 これが民主党の正体・選挙至上主義:

« データの罠 世論はこうしてつくられる | Main | 保守派票の取込み狙う民主党の巧妙宣伝と左翼情念 »