September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« GXロケット開発会社が特別清算 事業仕分けで廃止判定 | Main | 小沢氏、首相・執行部を猛烈批判「対決宣言」 参院選後の主導権ねらう? »

June 29, 2010

消費税10% 世論を読み違えた首相 言い訳と火消しに躍起

 産経新聞のページに、「消費税10% 世論を読み違えた首相 言い訳と火消しに躍起」という記事がある。ただひたすら頭のすげかえによる支持率上昇にのみ頼る民主党。一切争点を作りたくないようだ。そもそも消費税など、今回の参院選の争点ですらないのだが。

 鳩山・小沢政権での民主党のトンデモ実績やマニフェストにない闇法案・国家解体法案こそが争点にならないといけない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 菅直人首相が「消費税率10%」を掲げたのは、28日閉幕した20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)で「財政」が議題となることを見越し、華々しく外交デビューしたいとの思惑からだ。支持率のV字回復で、増税を掲げても乗り切れるとみたようだが、その後、反発は強まっている。世論を読み違えた首相は“言い訳”に躍起だ。

 首相はカナダ・トロントでの27日(日本時間28日)の記者会見で、G20や主要国首脳会議(ムスコカ・サミット)について「財政再建と成長の両立が一番の中心課題だった。リードというか、大きな方向性について意見を述べ、皆さんの参考にしてもらった」と、日本主導をアピールした。

 だが国内では10%発言で負担増が先行する印象が強まり、民主党の勢いにブレーキがかかった

 首相は26日、税率の争点化を報道のせいにし、仙谷由人官房長官も28日、「10%に上げるとの報道に傾斜している」、枝野幸男民主党幹事長も「参院選後すぐ消費税を上げるとの誤解がある」と、それぞれ懸命に火消しに努めている

 「1998(平成10)年の参院選では最後の2日間で民主党が逆転し、橋本龍太郎首相の退陣に至った」

 首相は17日、参院選の公認証交付式で12年前の参院選を例に陣営の引き締めを呼びかけたが、10年参院選の自民党大敗の原因は首相らが恒久減税に関する発言を二転三転させたことだった。今回も同じ結果にならないという保証はない
 ↑ここまで

« GXロケット開発会社が特別清算 事業仕分けで廃止判定 | Main | 小沢氏、首相・執行部を猛烈批判「対決宣言」 参院選後の主導権ねらう? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48751708

Listed below are links to weblogs that reference 消費税10% 世論を読み違えた首相 言い訳と火消しに躍起:

« GXロケット開発会社が特別清算 事業仕分けで廃止判定 | Main | 小沢氏、首相・執行部を猛烈批判「対決宣言」 参院選後の主導権ねらう? »