September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 『君が代』はどういう位置を占めているのだろう | Main | 「本会議出席わずか1日 くら替えの河上議員」 もちろん民主党だ! »

June 10, 2010

北教組事件判決 露呈した民主党と労組の癒着

 10日の読売新聞の社説は、「北教組事件判決 露呈した民主党と労組の癒着」である。以前から日教組傘下の山教組と民主党の輿石の関係はよく知られている。今回の参院選では絶対に当選させたくない奴だ。

 参考: 阿比留瑠比「決定版 民主党と日教組」(産経新聞出版)

 産経ではなく、読売がここまで書くのは珍しいので、社説を全文引用する。

 ↓ここから
 民主党の小林千代美衆院議員の選挙を巡る政治資金規正法違反事件で、札幌地裁が選挙対策の資金管理責任者に有罪判決を言い渡した

 昨年の衆院選を前に、小林氏の事務所資金が不足するたび、被告は北海道教職員組合に資金を要請していた。8か月間に計4回、1600万円が提供されるという異常な癒着ぶりだった

 「政治活動の公明・公正さを確保しようとする法の趣旨を無視した悪質な行為で、厳しい非難に値する」と判決は指弾している。

 この資金の出し手である北教組幹部と、団体としての北教組にも14日、判決が言い渡される。事実関係を争っておらず、同様の判断が示されるとみられる。

 また、この選挙では選対幹部の元連合札幌会長も公職選挙法違反に問われ、1、2審で有罪判決を受けている

 小林氏は、労組丸抱えの違法な選挙活動で当選したと言われても仕方あるまい

 判決について小林氏は、「国民に政治不信を与え、申し訳ない」と謝罪したものの、事件には一切言及しなかった。すみやかに説明責任を果たすべきだ。

 政治責任も重大である。

 小林氏は、以前から議員辞職する意向を周辺に漏らしていた。鳩山前首相が、先の民主党両院議員総会で退陣を表明した際には、名指しで辞職を勧告された。

 それにもかかわらず、小林氏は依然として辞職していない。

 背景には、国会会期中に辞職すると、公選法の規定で補欠選挙が参院選と同日になるという事情がある。候補者を早急に擁立する必要があることなどから、民主党は同日選を回避したいのだろう

 小林氏が辞職しても、民主党の責任は残る。労組との癒着がなぜ生じたのか、ほかにも同様の例がないのかどうか、独自に精査する必要がある

 北教組事件の焦点だった違法献金の原資については、裁判でも明らかにならなかった。北教組が、解明の手がかりとなる会計帳簿の任意提出を拒み、札幌地検が捜索した際にも発見できなかった。

 検察は、北教組による組織的な証拠隠滅があったと、裁判の中で指摘している

 教員には政治的中立性が求められる。北教組が支持政党の候補者を支援するため、違法な献金をしていたとの司法判断は重い

 北教組にも、献金の原資を自ら明らかにし、事件の経緯を詳しく説明する責任がある。
 ↑ここまで

« 『君が代』はどういう位置を占めているのだろう | Main | 「本会議出席わずか1日 くら替えの河上議員」 もちろん民主党だ! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48595465

Listed below are links to weblogs that reference 北教組事件判決 露呈した民主党と労組の癒着:

« 『君が代』はどういう位置を占めているのだろう | Main | 「本会議出席わずか1日 くら替えの河上議員」 もちろん民主党だ! »