September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「怪しい“裏グッズ”もザクザク…中国通販サイト日本上陸」 ろくなことをしないヤフー・孫正義 | Main | 「イラ菅」早くも炸裂 我慢の糸切れる »

June 12, 2010

首相所信表明は「反省なき再出発」

 産経新聞のページに、「首相所信表明は『反省なき再出発』現実路線は打ち出す」という記事がある。「政治と金」の問題は小沢と鳩山が辞任したから解決したというのだ。とんでもない認識だ。

 また、見出しに「現実路線は打ち出す」というが、ルーピー鳩山が余りにも「空想路線」だったから、他の誰が首相になっても、現実路線になるだろう。

 菅首相は、国民に「私を信頼していただきたい」と話を結んだそうだが、鳩山の「Trust Me」と同じで、どちらも詐欺師の使う言葉である。所信表明の内容が納得できれば、そんな事を言わないでも信頼されるはずだが...。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 菅直人首相の初の所信表明演説は「いのちを守りたい」などと独善的で抽象的な理想や夢ばかり振りまいた鳩山由紀夫前首相の所信、施政両演説に比べ、はるかに現実的・実務的で好対照となっている。ただ、「強い経済」の実現など菅カラーを強調する一方、政権を引き継ぐにあたって前内閣の失政や問題点の総括と具体的改善策は示しておらず「反省なき再出発」だとの印象はぬぐえない

 「この挫折を乗り越え、国民の皆さまの信頼を回復する」

 首相は「政治とカネ」の問題と、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で迷走した前内閣の失敗を指摘しつつも、鳩山前首相が辞任で「けじめをつけられた」と話を簡単に終わらせてしまった。これでは、真の「信頼回復」につながりようがない。

 外交に関して、首相が「『現実主義』を基調とした外交を推進すべき」と述べたのは、現実から遊離してしまった鳩山外交の轍(てつ)は踏まないとの姿勢を示したとみられる。

 だが、韓国哨戒艦を撃沈した北朝鮮に対し、現時点でいきなり「国交正常化を追求する」というのは気が早過ぎはしないか。普天間問題で日米合意を踏まえると主張するのはいいが、停滞した現状をどう打開するかの具体策はなかった

 国家百年の計といわれる教育問題に関し、ほとんど全く言及がない点も気になるところだ。やはり演説で教育にあまり触れなかった鳩山内閣は、道徳教育の縮小など民主党の有力支持団体である日教組の政策要求にそのまま押し流されただけに懸念される

 また、部落解放同盟などが強く要望する内閣府の外局として人権侵害救済機関を創設することも「人権擁護の実現」という表現で盛り込まれた。これも自由な言論の弾圧、制限につながりかねず要注意だ

 首相は「むすび」で、リーダーシップ発揮のため国民に「私を信頼していただきたい」と呼びかけた。鳩山前首相がオバマ米大統領と国民に「トラスト・ミー(信頼してほしい)」と訴えたのと不思議と重なっている。(阿比留瑠比)
 ↑ここまで

« 「怪しい“裏グッズ”もザクザク…中国通販サイト日本上陸」 ろくなことをしないヤフー・孫正義 | Main | 「イラ菅」早くも炸裂 我慢の糸切れる »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48605161

Listed below are links to weblogs that reference 首相所信表明は「反省なき再出発」:

« 「怪しい“裏グッズ”もザクザク…中国通販サイト日本上陸」 ろくなことをしないヤフー・孫正義 | Main | 「イラ菅」早くも炸裂 我慢の糸切れる »