September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« はやぶさ帰還についての社説 | Main | 皇室と平等 »

June 15, 2010

はやぶさ、後継機の予算3000万に縮小…着手できず

 読売新聞のページに、「はやぶさ、後継機の予算3000万に縮小…着手できず」という記事がある。「文部科学省は昨夏、今年度予算の概算要求に17億円を盛り込んだが、政権交代を受けた予算削減で3000万円に縮小。製造に着手できなかった」ということだ。

 民主党の選挙のためのバラマキ政策によって、日本の科学技術が危機を迎えている。子供手当、高校無償化、農家への戸別補償を即刻停止すべきである。科学技術どころか日本の財政が破綻してしまう。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 宇宙航空研究開発機構は後継機「はやぶさ2」の計画を進めている。文部科学省は昨夏、今年度予算の概算要求に17億円を盛り込んだが、政権交代を受けた予算削減で3000万円に縮小。製造に着手できなかった

 はやぶさ2は、目標とする小惑星と地球の位置関係などから、2014~15年に打ち上げないと、次の機会は10年以上も先になる。来年度には製造に着手しないと間に合わない。川端文部科学相は11日、「(はやぶさの実績が)次につながるようにしたい」と述べた。

 ただ、財政状況は厳しい。宇宙開発の今年度予算は3390億円で前年度比2・6%減。今後も大幅増は見込めない。はやぶさの快挙をどう生かすのか、注目される。
 ↑ここまで

« はやぶさ帰還についての社説 | Main | 皇室と平等 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48640032

Listed below are links to weblogs that reference はやぶさ、後継機の予算3000万に縮小…着手できず:

« はやぶさ帰還についての社説 | Main | 皇室と平等 »