September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« ハトヤマ・センス | Main | 沖縄普天間で『日米共同発表』、日本の安全が後退 »

June 02, 2010

辻元清美の大うそ!米軍基地は犯罪者の巣窟か?

 Blog「狼魔人日記」さんに、「辻元清美の大うそ!米軍基地は犯罪者の巣窟か?」という投稿がある。テレビで社民党の辻本清美が、「沖縄米軍は月に約80件、年間1000件にも及ぶ犯罪を続けている」と言っていたそうだ。大嘘である。公共の電波を利用して平気で嘘をつく人間性。品性のカケラもない。

 以前、大人のオモチャの店で講演したのも確か辻本清美だったな。完全に名前負けしているぞ。

 引用させていただく。

 ↓ここから
沖縄の新聞が大嘘つきであることは、当日記の読者ならご先刻ご承知の事実だが、さらにそれに輪をかけたような大嘘つきの国会議員がいるという。

読者のわさび漬けさんコメント。

《表題と関係ない書き込みですみません。
先程、つけっぱなしのテレビから社民党の辻元が、沖縄米軍は月に約80件、年間1000件にも及ぶ犯罪を続けていると話してましたが、沖縄在住のブログ主様、本当ですか?

有り得ない事だと思いますが、辻元は何を根拠に全国放送のTVで あのような発言をするのでしょうか?

さらに 何年か前に二ヶ月続けて米兵によるレイプ事件があった事をあげて、現在もそういう犯罪多発地帯であるような印象操作をしました。

事実でなければ、あきらかなTVを使った詐欺手法です。

恐れ入りますが、こけ数年間の米軍兵士による犯罪件数はどのようになっておりますでしょうか?

教えていただけたら有り難いです。》

本日のエントリーは、それ自体がわさび漬けさんの質問への回答になります。

>社民党の辻元が、沖縄米軍は月に約80件、年間1000件にも及ぶ犯罪を続けていると話してましたが、沖縄在住のブログ主様、本当ですか?

結論から言うと辻元氏の発言が事実だとしたら、その発言は真っ赤な大嘘である。

犯罪率で言えばむしろ沖縄人の犯罪の方が多いのは下記の数値でも明らか。

★沖縄における米軍兵士の犯罪
警察庁資料によれば1995~2003年の米軍兵士の刑法犯検挙数は全国で740件(1年平均82.2件)。その中で沖縄県内の検挙数は354件(1年平均39.3件)。沖縄の駐留米軍兵士の数を2万人とすれば、沖縄の米軍兵士1万人あたりの犯罪率は19.65件。他方、(0歳児から100歳を超えるお年寄りまで合わせた)沖縄の人口は136万人、そして、2007年の沖縄における全犯罪件数は約4535件であり、(0歳児から100歳を超えるお年寄りまで合わせた)沖縄県民1万人あたりの犯罪率は33.34件なのです。

>何年か前に二ヶ月続けて米兵によるレイプ事件があった事をあげて、現在もそういう犯罪多発地帯であるような印象操作をしました。

これは08年に沖縄二紙が号外まで出して、狂ったように報道した「米兵女子中学生暴行事件」と「米兵比女性強姦事件」を指していると思われるが、これは二件とも沖縄二紙の誤報である。

これでも辻元議員は大嘘をついたことになる。

で、実際はどうだったのか。

米兵女子中学生暴行事件」は、

不良米兵と不良女子中学生の「ナンパトラブル」である。 夜遅くの繁華街で米兵が私服の女子中学生をナンパして、バイクの後ろに乗せ自宅に連れ込んだのが痴話げんかを起した。今度は乗用車で中学生を自宅に送る途中で又痴話げんかが再発したもの。 したたかな少女の訴えを受け、県警は当初から「強姦容疑」で拘留期限を延長してまで起訴に持ち込もうとした。 が、結局不起訴処分。

因みに女子中学生は「売春の補導歴」があり。これを「週刊新潮」に暴露され、中学生の方が告訴を取り下げしたのが真相である。

比女性強姦事件」のケースは、フィリピン人の売春婦を米兵が買ってホテルで一夜を過ごしたが、翌朝になって比女性が「強姦された」と訴えた事件。 これも強姦罪は成立せず県警は不起訴処分で、後に米軍法会議で「買春罪」と「外出禁止の命令違反」で処罰されているが「強姦罪」では無罪であった。

いずれのケースも沖縄紙が大騒ぎし県民大会まで開いて抗議したが、結局米兵による「婦女暴行事件」や「強姦事件」は幻であったという、沖縄二紙にとっては誠に恥ずべき結末である。

辻元議員がどの程度これら事実を把握した上の発言か知らぬが、「米軍犯罪が多い理由はは米軍基地があるから」⇒「米軍基地撤去すれば米兵の犯罪が無くなる」・・・という沖縄紙が得意なすり替え論で印象操作をしていることは明らかである。

沖縄の犯罪件数の中で米軍兵士の犯罪が微々たるものであることは上記(★)でも明らかだ。

それよりも、むしろ「米兵女子中学生暴行事件」の教訓は、夜間米兵徘徊する歓楽街に未成年者が出歩かないようにすべきであり、それを短絡的に「米軍基地撤去」に結びつけるのは本末転倒もはなはだしい。

実際、沖縄県警のデータでも、2007年に沖縄県では全刑法犯のうち20歳未満の少年が占める割合は41.5%に達しており、この数値は同じく2007年の全国平均32.6%に比べ異様に高く、学力と並んで断トツの全国最悪。

更に、2007年、沖縄県における「刑法犯少年に占める中学生の割合」は62.2%とこれまた全国最悪である。

辻元議員と沖縄紙の大嘘を糾弾するつもりが、沖縄の未成年犯罪や学力最下位まで話が脱線したが、「諸悪の根源は米軍」という印象操作に現を抜かす暇があれば、沖縄の青少年の抱える諸問題をもっと根本からに考えて欲しいもの。

沖縄の米軍犯罪を、沖縄紙が針小棒大に取り上げて印象操作している様子は、当日記のカテゴリー★米兵事件で分類してあるので、是非覗いて欲しい。
 ↑ここまで

« ハトヤマ・センス | Main | 沖縄普天間で『日米共同発表』、日本の安全が後退 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48527171

Listed below are links to weblogs that reference 辻元清美の大うそ!米軍基地は犯罪者の巣窟か?:

« ハトヤマ・センス | Main | 沖縄普天間で『日米共同発表』、日本の安全が後退 »