September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 民主VS共産 支援労組を巡って言い合い | Main | ダライラマの法話で見た韓国人の民度の低さ »

June 29, 2010

【千葉法相】夫婦別姓、人権擁護法案マニフェスト不記載でもやる 千葉景子法務大臣

 やまと新聞のページに、「【千葉法相】夫婦別姓、人権擁護法案マニフェスト不記載でもやる 千葉景子法務大臣」という記事がある。

 余りにもひどい発言である。これが日本の法相とは情け無い。

 記事を引用する(動画も)。

 ↓ここから
産經新聞は29日朝の千葉景子法務大臣記者会見で、選択的夫婦別姓を可能にする民法改正案と人権侵害救済機関設置法案(旧人権擁護法案)が民主党マニフェストに記載されていないことについて「マニフェストに載ってない、あるいはテーマになっていないことが特段問題になることはない」と述べ、参議院選挙後も引き続き法案成立を目指す考えを示したと報じた。

マニフェストに載ってないことが問題になることはないというのは党の考えであって、国民から見るとマニフェストに載っていなことは大問題だ。理由があるから載せないのであって、その理由を追及するのが今回の参議院選挙本当の争点ではないだろうか

民主党という党が 重要なことを国民に隠して進める政党なのかどうかは政策云々以前の問題

民主党は先の衆議院選挙で永住外国人地方参政権付与法案についてマニフェストに載せず選挙を行い、選挙後に積極的にこの法案を推し進めた前例がある。また同じことをしているのかどうか、この点を徹底的に追及するのが野党の使命だ。

はっきり聞けばいいのである「やるのかやらないのか、やるならなぜマニフェストに載せないのか」先日の9党党首討論でも誰もこのことを言わず、選挙の争点は「消費税10%」という問題にすり替わった。国民が立ち上がり政治家の目を覚まさせる選挙にしたい。

選択的夫婦別姓法案が通過すると家族の絆は失われる。韓国では結婚しても夫婦同姓を得ることができない。日本は家族が一つの姓を名乗り支え合い助け合うことのできる民族であり、この家族制度は日本の素晴らしい文化だ。 なぜそれを壊す必要があるのか、夫婦別姓でなければならない人がいったいどこにいるのか、現在旧姓を名乗ったまま仕事をすることに不便がないように法整備はできている。わざわざ戸籍を変える必要はない。「お父さんが佐藤さん、お母さんと子供は田中さん」こんな家庭は考えられない。おそらくほとんどの日本人は家族仲良く一つ屋根の下を望んでいるはずだ。だからマニフェストに書くと落選するから載せないのではないか。国民のほとんどが反対するであろうと民主党自身がわかっているのだ。それとも党の意見は違うのか、この千葉景子法務大臣発言はきわめて重い。はっきりと追求してほしい。

国のため、家族のため、子供たち、私たち子孫のために命をかけてこの日本を護ってきた英霊とその家族。
彼らはこんな法案を通すために命を捧げたわけではない。日本人は日本人らしく、歴史と伝統、家族を大切にする民族だ。

嘘をついたり人を騙したり、そんな政治でいいわけがない。平気で法を犯し、国民を騙す。そんな政治家を追い出す選挙にしよう

これが日本の家族です。

もう一度考えてください。
土屋都議のブログ「ピントがずれているのではないですか?」マスコミの皆さん!国会議員の皆さん!

もう一度考えてください。
 ↑ここまで

« 民主VS共産 支援労組を巡って言い合い | Main | ダライラマの法話で見た韓国人の民度の低さ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48751885

Listed below are links to weblogs that reference 【千葉法相】夫婦別姓、人権擁護法案マニフェスト不記載でもやる 千葉景子法務大臣:

« 民主VS共産 支援労組を巡って言い合い | Main | ダライラマの法話で見た韓国人の民度の低さ »