September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 菅首相の他人を小馬鹿にした国会答弁 輿石をかばうにしても白々しすぎる | Main | 官房長官、夫婦別姓と外国人参政権に前向き とんでもない売国奴だ »

June 17, 2010

日本創新党 マニフェスト 「憲法前文案」発表

 やまと新聞のページに、「日本創新党 マニフェスト 『憲法前文案』発表」という記事がある。マニフェストもしっかり日本のことを考えていて、憲法全文案など読んだら感動してしまう。現行憲法の無味乾燥で非現実的な前文とは大違いだ。選挙で絶対に頑張って欲しい。

 記事を引用する。

 ↓ここから
16日 日本創新党は党本部にて記者会見を行い参議院選挙に向けたマニフェストを発表した。

先立って午前8時に届いたさいとう弘 政策委員長からのメールにはわれわれは「真正保守政党である」と書かれていた。 「真正保守政党」のマニフェストとして期待されるのは永住地法外国人参政権法案、人権擁護法案などに明確に反対すること、靖国参拝を明記することなどであるが、その点日本創新党のマニフェストは網羅しているか。

さいとう弘 政策委員長はマニフェストについて第一に議員数・公務員数の削減を掲げ、国会議員および地方議員定数の半減、国家公務員数を3分の1削減、地方公務員人件費を3割削減するとした。山田党首は「民間では厳しいリストラが行われている、国はコスト削減努力が足りないのでは」と述べた。また消費税を段階的に10%を上限として引き上げるとした。第二として教育を豊かにする!とし「子供手当」を廃止し「子育て応援券」を創設するとした。ここまでは山田党首を始め各自治体で実績を積んできた経済・財政再建策を中心としたマニフェストとなっている。

「真正保守」としてマニフェストに明記されているのは

道徳教育の充実

日本の歴史と文化に感謝と誇りを持つ事が出来る歴史教育を推進

集団的自衛権行使を容認

日本の国家主権を侵害する行為に治しては毅然と対応する

尖閣列島など国境付近に自衛隊の戦略的配備を行う

国家の威信をかけて拉致被害者を奪還する

われわれ自身の手で、未来を拓く新憲法を制定する

外国人地方参政権、選択的夫婦別姓など日本の未来を危うくする法律に全力で反対する

またマニフェストには「日本創新党『憲法前文案』」が添付され、「真正保守」として他党より具体的で一歩踏み込んだ内容となっている点が評価出来る。


以下「日本創新党『憲法前文案』」

めざすべき日本の基本理念ーー日本創新党『憲法前文案』

わが国は長い歴史を通して、国の象徴たる天皇のもと、豊かな文明を築き上げてきた。
先祖を敬い、家族を大切にし、自然を畏れ、清く明るく正しく直い心を重んじた先人たちの歩みにより、日本ならではの自然観、倫理観、宗教観が形づくられてきた。
また、いにしえより「言霊の幸う国」と語り継がれてきたことが示すように、豊かな言葉と感性によって多様で優れた文化芸術が生み出され、守り伝えられてきた。
さらにわが国は、諸外国の優れた文物を積極的に受け入れ、広く世界の衆知を集めることにより、つねに自らを高める努力を積み重ねてきた。
わたしたちの願いは、この歴史と文明を受け継ぐものとして、物心両面で豊かな国を築き、自らの知恵と力でこれを守り、美しく豊かで平和な日本を幾久しく次代へ受け渡し、そして、この日本の力を世界の安寧のために役立てていくことにある。
わたしたちは「ひとの幸う国」をめざす
わが国の力の源は、ここに住まう「ひとの力」にこそあった。
道義が栄え、教育が栄え、諸々の技芸が栄え、智恵が豊かにあふれる国。
人びとが自由のうちに自らの天分を追求し、実現させていくことができる国。
万機を公論に決する民主主義の伝統を堅持し、国民がお互いの知恵を持ち寄って進むべき道を切り拓いてゆく国。
それが、わが国のあるべき姿である。
またわたしたちは、これらの諸価値を重んずる諸国民と手を携え、より広く「ひとの幸う世界」をつくりあげることに貢献していきたい。
わたしたちは「いのちの幸う国」をめざす
日本人は、この豊かな自然の生きとし生けるものと共に生きる精神を培ってきた。
この叡智を生かし、わたしたち各々のいのちを相互に尊重するとともに、
かけがえのない地球のいのちを守っていくことこそ、わたしたちの崇高なる使命である。
わたしたちは「和の幸う国」をめざす
日本書紀がいまに伝える「憲法十七条」が、「和を以て貴しとなす」の一文からはじまるように、
いにしえより、わたしたちは「和」の精神を重んじてきた。
わたしたちは、これからも和を貴ぶ国であることを誓い、
また、この精神のもと、和の先導者として国際平和の実現に力を尽くすことを誓う。

これらの願いを、日本の基本理念としてここに提唱したい。
 ↑ここまで

« 菅首相の他人を小馬鹿にした国会答弁 輿石をかばうにしても白々しすぎる | Main | 官房長官、夫婦別姓と外国人参政権に前向き とんでもない売国奴だ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48655987

Listed below are links to weblogs that reference 日本創新党 マニフェスト 「憲法前文案」発表:

« 菅首相の他人を小馬鹿にした国会答弁 輿石をかばうにしても白々しすぎる | Main | 官房長官、夫婦別姓と外国人参政権に前向き とんでもない売国奴だ »