September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅氏 | Main | 菅、小鳩の証人喚問できるか “クリーン民主”へ試金石 »

June 06, 2010

論調観測 菅新首相 分かれる「市民派」の評価

 6日の毎日新聞の社説は、「論調観測 菅新首相 分かれる『市民派』の評価」である。全文を引用し、意見を書く。

 「民主党の新代表に選ばれた菅直人氏が首相に指名され、組閣と党役員人事が進められた。毎日新聞の世論調査では菅首相に期待すると答えた人が60%を超え、民主党の支持率も回復している」

 情けないことだ。参院選前に首相を交代させただけなのに。民主党の政策も、闇法案・日本解体法案も何一変わっていないのだ。危険きわまりない。

 「当面の焦点は小沢一郎前幹事長の影響力をどこまで排除できるかで、5日の社説でも『脱小沢』がポイントとなっている」

 参院選で民主党が票を得るためには、一時的におとなしくしているだけにすぎない。それを各紙はどう書いたか。

 「毎日は『二重権力構造を招かない体制を構築し、組織優先でバラマキ型に陥った悪弊を改めることが必要だ』と指摘し、読売も『背後から首相をコントロールする『二重権力』構造を排除することが大事だ』と述べる」

 しかし、小沢が議員として民主党にいる以上、影響力の排除は不可能だ。代表戦の日程や参院選をいつにするかまで小沢が決めているのだから。そういう意味で産経はまだいい意見を出している。

 「産経の場合はさらに進み『鳩山由紀夫首相を見習って、政界からの引退を決断すべきである』と主張する」

 本当は、即刻引退すべきである、と書いて欲しいところだ。

 「1年前後で政権を放り出した過去4代の首相のいずれもが首相経験者の子や孫だった。一方、菅氏は普通のサラリーマン家庭に育ち、市民運動を経て政界入りしたという経歴の持ち主だ」

 市民という言葉の意味をそのまま捉えてはいけない。特にここでいう「市民運動」とは「サヨク運動」という意味だ。

 「『近年の首相にないユニークさを持つ。ここ数代、ひ弱で資質が問われたリーダーたちとは異質のしたたかさを期待したい』と毎日は評している。朝日も『新首相を表現するキーワードは、『市民』である』と、力点を置いて指摘している」

 要は毎日も朝日も、菅新首相の「サヨク運動」を評価しているという事になる。

 「鳩山前首相が退陣を明らかにするまで、首相の『たらい回し』を批判していたのが朝日だった。しかし、菅氏への交代については一転し、『昨年の政権交代にひけを取らないくらいの歴史的な意味合いを読み取ることができる』と積極的に評価している」

 この批判はいい。朝日の社説のお約束のような、論調ひっくり返しだ。選挙のための頭の挿げ替えに、歴史的な意味合いを読み取るとは。常識人には想像もつかない。

 「一方、この『市民』という点について読売は『市民感覚も大切である』と述べながら、『国益を重視するという大局的、戦略的な視点からの政治運営に努めてほしい』と注文をつける。そして、日経や産経は市民運動について触れていない」

 日経や産経が「市民運動」について触れていないのは、本来の意味の市民運動ではないからだろう。

 「特に産経は拉致実行犯の釈放嘆願書に菅氏が署名した過去の事例をあげているように、菅首相となっても民主党政権への批判的な構えを継続するようだ」

 頼りになるのは産経新聞の社説のみだ。日本人を助けるべき国会議員が、逆に拉致実行犯を助けようとしていた。こんな者が首相になる資格があるのか。日本人を守れるのか。非常に疑問である。後、何かあったらパフォーマンスでごまかす議員でもある。自らの発言がカイワレ大根に風評被害を与えてしまったときは、テレビカメラの前で、カイワレ大根を食べるパフォーマンスを演じた。

 「鳩山前首相辞任の直接の原因となった普天間飛行場問題について菅氏は、辺野古沖移設の日米合意を踏襲すると表明した」

 当然だろう。過去10数年の議論の結果を踏まえると自民党案に戻るしか手はないのだ。

 「この問題では、日米合意の実行を優先すべきだという主張の一方で、地元が反対する限り移設はできず、普天間の固定化につながるとの主張もあり、社説の論調も分かれている」

 普天間の固定化につながるといっているのは毎日新聞である。地元といっても辺野古の住民の殆どは移設に合意している。反対しているのは左翼である。

 「市民運動から出てきた菅氏が『民意』にどう対応するのか。注目していきたい」

 ここでいう「市民運動」は「サヨク運動」だから、菅首相は「市民」の側に立ち、普天間問題を解決できないだろう。それこそ毎日新聞の書くように、「普天間の固定化につながる」可能性が高い。しかし、どうせ参院選のためだけの首相だ。何も出来なくて当然だ。民主党の票が増えればいいだけだ。現に新聞の世論調査では民主党の支持率が回復している。馬鹿な国民が多いのか、マスコミが数字を民主党向けに操作しているかのどちらかだ。

 今や民主党最大の支持組織はマスコミであるといえる。有権者はマスコミの論調に騙されてはいけない。

« 鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅氏 | Main | 菅、小鳩の証人喚問できるか “クリーン民主”へ試金石 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48558197

Listed below are links to weblogs that reference 論調観測 菅新首相 分かれる「市民派」の評価:

« 鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅氏 | Main | 菅、小鳩の証人喚問できるか “クリーン民主”へ試金石 »