September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 民主「不浄移入を許可」考 民主、韓国活魚車「日本での運行」許可へ | Main | 6月29日の投票(アンケート) »

June 28, 2010

「侵略の罪」―「法の支配」広げる一歩に

 朝日新聞の28日の社説は「『侵略の罪』―『法の支配』広げる一歩に」だ。抜粋して意見を書く。

 「第2次世界大戦後、連合国側は極東国際軍事裁判(東京裁判)を設け、日本の戦争指導者を『平和に対する罪』に問うた。『侵略の罪』の原形だ」

 「裁判は、旧日本軍による多くの非人道的行為を明らかにした。しかし同時に、戦争後に作った法を使って勝者が敗者を断罪していいのか、といった批判を当時から招いていた」

 前半の「裁判は、旧日本軍による多くの非人道的行為を明らかにした」は全くのデタラメ。裁判では連合国にとって都合の悪い証拠(主に日本が提出)は、ことごとく却下され、連合国に都合のいい証拠はどんな些細なものでも採用された。裁判になっていない。

 後半の「戦争後に作った法を使って勝者が敗者を断罪していいのか」という批判はその通りである。朝日にしてはわかっているではないか(もちろん皮肉)。

 「オランダを拠点に7年前に活動を始めたICCは、非人道的行為を犯した個人を裁く史上初の常設裁判所だ。『人道に対する罪』『戦争犯罪』『集団殺害』の三つの罪を対象とし、アフリカの5カ国で捜査を行った。将来はこれに『侵略の罪』が加わる」

 「日本は、ICC最大の拠出国として、年間予算の2割近くを負担し、裁判官を1人送り込んでいる。所長は韓国人の法律家だ」

 「日本の安全保障の支えが日米同盟にあるにしても、地域の平和のためには『力の支配』から『法の支配』への移行が必要だ。侵略の罪の合意は、アジアにとっても重く、大切なことだ」

 最後の「侵略の罪の合意は、アジアにとっても重く、大切なことだ」とはどういう意味か。日本が過去の「侵略」(当時の国際法では自衛戦争にあたる)を支那や朝鮮に謝罪せよという事か。であれば納得できない。

 それとも、今も韓国による侵略が続いている竹島問題を、「侵略の罪」で裁けというのなら納得がいく。それとも支那によるチベットやウィグル侵略のことだろうか。そんなことはカケラも考えていないだろうな、どうせ。

« 民主「不浄移入を許可」考 民主、韓国活魚車「日本での運行」許可へ | Main | 6月29日の投票(アンケート) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48744897

Listed below are links to weblogs that reference 「侵略の罪」―「法の支配」広げる一歩に:

« 民主「不浄移入を許可」考 民主、韓国活魚車「日本での運行」許可へ | Main | 6月29日の投票(アンケート) »