September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 菅首相の言論封殺!「どうせ答えないので」 あまりにも常軌を逸している首相 | Main | 【千葉法相】夫婦別姓、人権擁護法案マニフェスト不記載でもやる 千葉景子法務大臣 »

June 29, 2010

民主VS共産 支援労組を巡って言い合い

 せと弘幸氏のBlog『日本よ何処へ』に、「民主VS共産 支援労組を巡って言い合い」という投稿がある。わしにいわせれば目糞鼻糞の争いなのだが。

 投稿を引用させていただく。

 ↓ここから
民主VS共産 支援労組を巡って国民不在の論争

連合(自治労)VS全労連(自治労連・国公労連)


民主・枝野氏「国家公務員の労働組合が支持しているのは共産党」 共産・市田氏「民主こそ労組に支持押しつけ」…赤旗

 27日放送のフジテレビ番組「新報道2001」で民主党の枝野幸男幹事長は、労働組合の支持 を受けていて公務員削減ができるのかとの指摘に対し、「国家公務員の労働組合が支持しているのは 大部分が共産党さんです。国家公務員の組合で民主党を支持しているところはほとんどありません」 と述べ、デタラメな日本共産党攻撃を行いました

 日本共産党の市田忠義書記局長は「日本共産党は、労働組合であろうとどんな団体であろうと 特定政党の支持を押し付けたことは一度もない。国家公務員の労働組合が共産党支持というのは うそですよ。枝野さん、取り消しなさい」と批判しました

 「うそじゃない」と開き直る枝野氏に対し市田氏は「政権党の幹事長が公共の電波を使ってうそを ついたらだめですよ。労働組合に支持を押し付けているのは民主党じゃないですか」と指摘しました。

 民主党が連合加盟の国家公務員労組から支援を受けているのは紛れもない事実です

 そもそも枝野氏は17日、連合本部に自ら出向いて、参院選で支持を受ける協定を取り交わした ばかり。労働組合に特定政党支持を押し付けている張本人です。参院選では公務員労組の自治労出身 候補者を公認するなど人も組織も丸抱えで支援を受けています。

 特定政党支持押し付けの害悪が露呈したのが、同党の小林千代美前衆院議員陣営の1600万円にも のぼる違法献金事件です。組合員から半強制的に集めた資金を違法献金などに充てたとして連合加盟の
北教組や自治労北海道、連合札幌幹部に有罪判決が出たばかりです。でたらめな攻撃をする前に、 枝野氏自身と民主党のあり方こそただすべきです

▽しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-06-28/2010062804_01_1.html

 この枝野幹事長という人物は謀略家なのか、或いは単なる頭が悪いのか分からなくなってきました。勿論高学歴で弁護士ですから、一般的に言えば頭が悪い筈はない。

 しかし、このテレビ討論番組における発言は、本来なら言うべきことではなく、バカ正直と言うか、発言のリアクションをまったく計算できない御仁のようです。

 国家公務員、地方公務員の労働組合には、民主党を支援する労組団体と共産党を支援する労組団体の二つがある。この両組織は職場では長年に渡って勢力拡大を巡って激しい対立関係にあります。

 この問題は共産党にとっては余り触れて欲しくない問題であると同時に、民主党だって同じわけです。民主党が自治労の支援を受けていることを指摘され、共産党の支援労組問題を持ち出すのはすり替えですが、これでは互いの恥部を晒し合うことになります。

 枝野幹事長が言うように確かに国家公務員の労組では共産党支持が多いかも知れませんが、公務員の圧倒的多数を占める地方公務員は民主党を支持する自治労に加盟しています。

 民主党=地方公務員、共産党=国家公務員という図式も無理やりですが描けないこともない。しかし、給料は国家公務員よりは地方公務員のほうが高い

 これは自治労の存在と深く関わっています。つまり、自治労が度重なる違法なストやサボタージュで揺さぶりをかけ、団体交渉で当局をつるし上げてきた結果、このような差が出来たとも言えます

 勿論、両者の違いはそれだけではありませんが、少なくとも民主党を支持する自治労のほうが国民にとっては許し難い存在であることは明白な事実です。

 ここは職場が同じなので是非共互いに泥仕合を繰り広げて欲しいものです。互いに暴露し合うことで、我々一般国民が知らなかった彼らの醜い実態が明るみに出ることを期待します

 同じ左翼共産主義者でも日本共産党と新左翼は仲が悪く徹底的に反目してきた。新左翼シンパの枝野幹事長としては、どうしても共産党を叩きたくてしょうがなかったのでしょう。

 共産党だって自分達の内実を探られようとしているわけですから、ここは猛反対をするのは当然で、この両者のテレビ討論でのバトルは思わぬ方向へ飛び火することになるかも知れませんね。

 枝野幹事長には人間性にも問題があると感じました。テレビ討論と言えば、全国民が視聴しているわけですが、その場であのような嘘をしれっと言ってしまう態度には恐ろしいものを感じました。

 左翼イデオロギーを優先する人間は、そのイデオロギーのためだったら何でもします。人殺しをすることだって平気なわけですから嘘をつくことなど何とも思っていないのでしょう。

>国家公務員の組合で民主党を支持しているところはほとんどありません。(枝野民主幹事長)

 これは赤旗が憤慨するのも当然です。国家公務員労組=共産党ではありません。確かに地方公務員から見れば国家公務員の労組の共産党支持派は多いかも知れません。

 しかし、民主を支援する自治労系の労組もあります。また国家公務員と限定しないで地方公務員や他の公共団体職員まで含めた公務員労組全体では、これは圧倒的に民主党を支援する自治労にかなう訳がありません。

>公務員改革ができるのか?

 この問いは何も国家公務員に限定した話ではないはずです。確かに国会では国家公務員の問題が先行しているかも知れないが、地方公務員を含む公務員改革は待ったなしであることは言うまでもないでしょう。

 共産党系の公務員労組は確かに存在するが、それは主流派から追い出された人たちであって、圧倒的に力を持つのは連合系に所属しています。連合は民主党と一体なわけですから、これはどう弁解しようが枝野氏が公共の電波を使って、嘘を言ったということに違いはないのです

 民主党は自分達が支援を受けてきた公務員労組の存在を何とか隠しておきたい。要するに騒がれたくないわけです。だから筋違いな共産系労組などに話題を振り替えようとした。

 そこに共産党がムキになって反論した。目糞鼻糞論議に付き合わされたくもないが、これでは民主党を応援してきた公務員労組は立場がないのでは。

 民主党が表に出したくない労組から支援を受けていることだけは、赤旗の報道で明確になったようですね
 ↑ここまで

« 菅首相の言論封殺!「どうせ答えないので」 あまりにも常軌を逸している首相 | Main | 【千葉法相】夫婦別姓、人権擁護法案マニフェスト不記載でもやる 千葉景子法務大臣 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48751829

Listed below are links to weblogs that reference 民主VS共産 支援労組を巡って言い合い:

« 菅首相の言論封殺!「どうせ答えないので」 あまりにも常軌を逸している首相 | Main | 【千葉法相】夫婦別姓、人権擁護法案マニフェスト不記載でもやる 千葉景子法務大臣 »