September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« ガス田共同開発 中国の報道干渉に抗議を | Main | 福島社民党首もんじゅ「止めて点検を」って、原発が嫌なだけだろ! »

May 16, 2010

普天間問題決着の半年先送りを確認

 産経新聞のページに、「普天間問題決着の半年先送りを確認 関係閣僚会議」という記事がある。どうせ5月末になど出来ないとわかっていたことだ。記事には「米側も協議継続の意思を示しており、先送り提案に応じる見通しだ」とある。日本国内のことだから内政干渉できないということだろう。そのうち見捨てられるぞ。

 記事に、「社民党が県内移設に反対していることから、『連立維持のため今夏の参院選後に結論を先送りする方が得策』(首相周辺)との結論に達したようだ」とある。また「選挙のため」だ。国民のことをまず考えろ。社民党など連立から追い出してしまえばいいのだが、それが出来ないのは、民主党に旧社会党のメンバやその思想への同調者が多いからである。

 「米側はシュワブ沿岸部を埋め立てる現行案が『最善』との立場を崩しておらず、決着期限を先送りしても交渉が容易になるわけではない」

 間違いなく、現行案を採用しない限り、半年後も決着が付かないと思う。まずルーピー鳩山が責任を取って辞任し、解散・総選挙を行って民意を問うべきである。民主党はさっさと政権を降りるべきだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 政府は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題についての関係閣僚会議を開き、日米両政府間で移設先を最終決着させる時期を最大半年後まで先送りする方針を確認した。鳩山由紀夫首相が公言してきた「5月末決着」を正式に断念したことになる。来週中にも日米協議で先送りを打診する。複数の政府関係者が明らかにした。米側も協議継続の意思を示しており、先送り提案に応じる見通しだ。

 首相は同日、国会内で関係閣僚の岡田克也外相、北沢俊美防衛相、前原誠司沖縄北方担当相、平野博文官房長官と協議した。

 この中で、普天間飛行場の代替施設や建設工法、代替訓練の場所などに関する米側との協議を6月以降も継続し、半年以内に移設実施日程を盛り込んだ計画を作成することで一致した。11月の来日が予定されるオバマ米大統領との首脳会談で最終確認することを想定している。

 こうした対米方針を固めた背景には、政府が検討中のキャンプ・シュワブ沿岸部沖合への移設や、鹿児島県・徳之島への基地機能の一部移転に関し、自治体側との交渉が難航していることがある。米側は「地元合意」を求めているため、政府は5月末決着は困難だと判断した。

 また、社民党が県内移設に反対していることから、「連立維持のため今夏の参院選後に結論を先送りする方が得策」(首相周辺)との結論に達したようだ。

 ただ、米側はシュワブ沿岸部を埋め立てる現行案が「最善」との立場を崩しておらず、決着期限を先送りしても交渉が容易になるわけではない。また、先送りは首相の政治責任に直結する。こうした中で、首相は14日、記者団に「5月末までに決着する。米国の前に沖縄と全国、特に移設先にかかわる地域に理解をいただき、『これでいこう』という方向でまとめていく」と述べ、ぎりぎりまで努力は続ける決意を示した。

 一方、平野氏は15日、訓練移転に理解を求めるため鹿児島市内で徳之島の住民ら十数人と会談する。
 ↑ここまで

« ガス田共同開発 中国の報道干渉に抗議を | Main | 福島社民党首もんじゅ「止めて点検を」って、原発が嫌なだけだろ! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48368677

Listed below are links to weblogs that reference 普天間問題決着の半年先送りを確認:

« ガス田共同開発 中国の報道干渉に抗議を | Main | 福島社民党首もんじゅ「止めて点検を」って、原発が嫌なだけだろ! »