September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 社民党 政府方針反対なら離脱を | Main | 携帯制限解除 囲い込み商法からの転換を »

May 26, 2010

「王政廃止は間違いだった」 政治混乱めぐりネパール元国王

 産経新聞のページに、「『王政廃止は間違いだった』 政治混乱めぐりネパール元国王」という記事がある。日本の場合にもあてはまるだろう。皇室問題だ。

 小林よしのり氏が想像で今上陛下は愛子様を天皇にしたがっているように言っているがどうか。そして男系ばかりを求めると皇統が断絶するという。

 わからないのは、なぜGHQが廃止した宮家を復活させてはいけないのか。そこには男子はいるはずだ。

 もう1つ。昭和天皇が側室を廃されたが、皇室維持のためには側室制度を復活させても構わないだろう。皇室に民法の規定や庶民の常識をあてはめる必要などどこにもないからだ。

 それから、もし女系天皇が出現したらどうなるか。多分左翼が、「男系でないから天皇ではない」と皇室を廃止させようとするだろう。

 検討すべきは、GHQが廃止した宮家の復活と側室制度の復活だ。皇室がなくなったら、日本もネパールのような道を歩むかもしれないのだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 ネパールのギャネンドラ元国王は25日、同国の民放テレビのインタビューで、ネパール共産党毛沢東主義派と他党の対立による政治的混乱について「ネパールは王政廃止の結果、困難に直面している」と述べ、王政廃止は間違いだったとの考えを明らかにした。

 元国王は、自らが政治的混乱に対処するべきだとしながら、「今はその時ではない」とも述べた。

 元国王は2008年6月、首都カトマンズの王宮から退去。約240年間存続したシャー(グルカ)王朝が終わりを告げ、同国は立憲君主制から連邦共和制へと移行した。(共同)
 ↑ここまで

« 社民党 政府方針反対なら離脱を | Main | 携帯制限解除 囲い込み商法からの転換を »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48465593

Listed below are links to weblogs that reference 「王政廃止は間違いだった」 政治混乱めぐりネパール元国王:

« 社民党 政府方針反対なら離脱を | Main | 携帯制限解除 囲い込み商法からの転換を »