September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 竹島問題で政府組織を 島根知事が要請 | Main | NTTの光分離は年内に結論、総務相が結論前倒しを指示 »

May 18, 2010

「半年で検討を」NTT光回線分離でソフトバンク社長

 産経新聞のページに、「『半年で検討を』NTT光回線分離でソフトバンク社長」という記事がある。光回線をNTTから分離したら、回線を持っていない業者=ソフトバンクが得をするだけじゃないか。勝手なことを言うな。光回線を作った資金は固定電話の収益からだろう。そう簡単に分離してもらっては困る。NTTは民営化して25年経つが、分割したら企業体力が弱くなる。強い日本の通信インフラ企業として存続させるべきではないか。「原状維持」で結構。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 ソフトバンクの孫正義社長は17日開かれた総務省のICT(情報通信技術)タスクフォースで、14日にタスクフォースの別の合同部会がNTTの組織見直しについて1年後をめどに再度検討するとの報告書案をまとめたことに対し、「1年もゆっくりと議論するのでなく、半年程度で行動計画を取りまとめて来年には実現させるべきだ」と述べ、早期の組織見直しが必要との認識を示した。

 タスクフォースの合同部会は報告書案で、焦点となっていたNTTの光ファイバー回線部門の分離について、NTTの社内部門とする「機能分離」▽NTT持ち株会社のもとに別会社化する「グループ内分社化」▽NTTグループから切り離す「完全分社化」の3案を提示。3案に「現状維持」を加えた上で、光回線の他事業者への開放度合いなどを検証し、1年後をめどに改めて検討するのが適当、と提言していた。

 終了後、孫社長は記者団に「国際競争がめまぐるしく展開する中、1年の先送りというのは長すぎる。今秋には組織形態の方向性をある程度決めて、来年早々に実行段階に移るべきだ。小田原評定をしている場合ではない」と強調した。
 ↑ここまで

« 竹島問題で政府組織を 島根知事が要請 | Main | NTTの光分離は年内に結論、総務相が結論前倒しを指示 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48388369

Listed below are links to weblogs that reference 「半年で検討を」NTT光回線分離でソフトバンク社長:

« 竹島問題で政府組織を 島根知事が要請 | Main | NTTの光分離は年内に結論、総務相が結論前倒しを指示 »