September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 上海万博の日本館、なぜ国旗を掲揚しないのか 国家感なき日本館など閉館してしまえ | Main | 憲法記念日についての各紙社説 »

May 03, 2010

5月3日の憲法記念日など要らない

 5月3日は憲法記念日だが、一体何を記念するのか。日本国憲法はアメリカに押し付けられた憲法である。しかも連合国に占領された状態で、日本人は一切批判を許されなかった。国家が占領されている状態で、占領国が被占領国の体制や社会を変えることは、国際法に違反している。アメリカはそれを平気で行った。

 日本は、現憲法を破棄し、明治憲法に戻り、日本人の手で憲法を改正すべきである。

 今はアメリカの属国のようなものだ。憲法も軍事も。そんな憲法記念日を祝う必要など無い。

 自民党は、自主憲法の制定を党是にしていたが、安倍内閣のときに投票法が成立しただけで、何も進んでいない。属国根性が染み付いてしまったのだろうか。

 雑誌「WiLL」の6月号で、櫻井よし子氏が次のように言っている。

 「1993年、河野洋平さんが自民党総裁になった年に党の綱領を変えようとしました。その中で、憲法改正条項を削除しようとしたんです。当時、1年生議員の安倍晋三さんなどから反対され、文言は残されましたが、自民党の結党の理念であったはずの憲法改正そのものを無くそうとした時点で、解党していた方がよかった

 これは不覚にも知らなかった。河野洋平は本当に売国奴だ。仮に死んで詫びても許せない程だ。それに対して、当時から安倍さんは信念をもって頑張っていたんだなあ。体調が許せば首相に再登板して欲しい。

 5月3日は半旗を掲げることにすればどうか。

« 上海万博の日本館、なぜ国旗を掲揚しないのか 国家感なき日本館など閉館してしまえ | Main | 憲法記念日についての各紙社説 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48249346

Listed below are links to weblogs that reference 5月3日の憲法記念日など要らない:

« 上海万博の日本館、なぜ国旗を掲揚しないのか 国家感なき日本館など閉館してしまえ | Main | 憲法記念日についての各紙社説 »