September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円 | Main | 民主原口「口蹄疫の報道統制した」とtwitterで認める »

May 10, 2010

検察審査会―新制度1年、経験踏まえ

 朝日新聞の10日朝刊の社説は、「検察審査会―新制度1年、経験踏まえ」だ。次のような書き出しだ。

 「無作為に選ばれた11人の市民が「起訴するべきだ」と2度議決したら、その容疑者は強制的に起訴される。そんな規定が盛り込まれた改正検察審査会法の施行から間もなく1年になる」

 「この間、兵庫・明石歩道橋事故とJR宝塚線事故で強制起訴の手続きがとられた。鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長の政治資金事件でも存在感を発揮し、注目度は高まっている」

 そして、最後は、こう締めくくっている。

 「上司の決裁を通じ統一した運用をしてきた検察と異なり、市民の判断には一定の幅があるのは避けられないし、その幅が硬直気味の刑事司法を変える契機にもなる。私たちも起訴イコール有罪と決めつけず、「黒白をつけるのはあくまでも法廷である」との認識の共有が求められる。訴追される側の人権の保障に意を払わなければならないことも、また繰り返すまでもない」

 つまり、小沢にしろ、鳩山にしろ、起訴=有罪ではないと言いたいのだ。一般論のように書いているが、その実は民主党を擁護する社説である。

« NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円 | Main | 民主原口「口蹄疫の報道統制した」とtwitterで認める »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48327404

Listed below are links to weblogs that reference 検察審査会―新制度1年、経験踏まえ:

« NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円 | Main | 民主原口「口蹄疫の報道統制した」とtwitterで認める »