September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 憲法施行63年 審査会なお始動せず 消極民主、問われる姿勢 | Main | 中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 »

May 03, 2010

普天間、決着期限こだわるべきでない…福島党首

 読売新聞のページに、「普天間、決着期限こだわるべきでない…福島党首」という記事がある。普通、これだけでも閣内不一致で総辞職だろう(他にもいろいろ不一致があるが)。

 福島は結局、「アメリカ軍がいるから戦争が起こる」という旧社会党と同じ考えを持っているのだろう。だから県外、更に国外への移設を主張し、その後の日本をどうやって守るかという話は一切しない。

 戦争が起こらないようにアメリカ軍が駐留しているのだが、福島には理解できないようだ。戦争が起こるのは、2国間の戦力差が大きく開いたときだ。戦力が均衡していれば戦争を仕掛けられない。子供でもわかる理屈だ。だから、アメリカ軍が仮に沖縄から撤兵したら、中国共産党軍がすぐさま攻撃を仕掛けてくる。わしが保証する(したくないが)。

 また、記事を読むと、福島は日本人の命よりも珊瑚礁の方が大事なようだ。さっさと連立から離脱して、松田聖子の「青い珊瑚礁」でも歌ってろ。邪魔だ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 社民党党首の福島消費者相は3日、都内で街頭演説し、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について「沖縄の皆さんは5月末に決着することを望んでいるか。普天間問題の真の解決を望んでいると思う」と述べ、鳩山首相は5月末という決着の期限にこだわるべきではないとの考えを示した。

 福島氏は、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)への移設案を念頭に「埋め立て式であれ、桟橋方式であれ、珊瑚礁の環境を破壊するの明らかだ。沖縄にこれ以上負担を課すことはできない」とも語り、改めて沖縄県内での移設に反対した。
 ↑ここまで

« 憲法施行63年 審査会なお始動せず 消極民主、問われる姿勢 | Main | 中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48257078

Listed below are links to weblogs that reference 普天間、決着期限こだわるべきでない…福島党首:

« 憲法施行63年 審査会なお始動せず 消極民主、問われる姿勢 | Main | 中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 »