September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 東国原知事バッシングについて | Main | 社民・重野氏、官僚答弁廃止の国会法改正に「いかがなものか」 »

May 20, 2010

【口蹄疫】社民・重野氏「初動の遅れ、農水相に責任」「第一に赤松、第二に福島」

 産経新聞のページに、「【口蹄疫】社民・重野氏『初動の遅れ、農水相に責任』『第一に赤松、第二に福島』」という記事がある。社民党にもまともな考えができる議員がいた(普天間は違うだろうが)。

 政権に入っていながら自ら「政府の責任は当然ある」と言い、「『第一に赤松、第二に福島』の責任になっても仕方ない」と、社民党党首の福島瑞穂にも遠慮しない。偉い。

 民主党員が小沢に何も言えないのとはえらい違いだ。普通逆に思うのだが。それだけ、民主党が旧社会党に近いということか、それとも小沢の独裁力が強いのか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 社民党の重野安正幹事長は20日の記者会見で、宮崎県での家畜伝染病・口蹄(こうてい)疫の拡大をめぐる赤松広隆農林水産相の対応について「(被害が)なぜ大規模になったのかが問題。初動対応の遅れはあったのだろう。政府の責任は当然ある」と述べた上で、「所管大臣の初動に不十分さがあったのなら責任は取らねばならない」と述べ、赤松氏の責任問題は不可避との見解を示した。

 また同党幹部は同日、赤松氏が外遊中に農水相の臨時代理を務めた同党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相についても「『第一に赤松、第二に福島』の責任になっても仕方ない」と語った。
 ↑ここまで

« 東国原知事バッシングについて | Main | 社民・重野氏、官僚答弁廃止の国会法改正に「いかがなものか」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48412922

Listed below are links to weblogs that reference 【口蹄疫】社民・重野氏「初動の遅れ、農水相に責任」「第一に赤松、第二に福島」:

« 東国原知事バッシングについて | Main | 社民・重野氏、官僚答弁廃止の国会法改正に「いかがなものか」 »