September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「天皇元首」「外国人参政権」など検討 自民が憲法改正で論点整理 | Main | 自民、憲法改正原案を発議へ »

May 12, 2010

抑止力は米の「核の傘」ではなく「憲法9条」 福島氏が持論展開

 3月23日付だが、産経新聞のページに「抑止力は米の『核の傘』ではなく『憲法9条』 福島氏が持論展開」という記事がある。まだこんなバカなことを本気で言っているようだ。「憲法9条」をお経のように唱えたら戦争が起こらないというのかねえ。想像力が豊かというか...。

 自分の家のドアや窓を開け放して「泥棒お断り」と書いておいたら、盗みに入られないと言っているのと同じようなものだ。

 こんなのが入閣して大臣をしているのだ。政治がおかしくなっても当然だ。普天間基地問題も、口蹄疫問題もだ。

 そもそも閣内不一致で問題になるはずだが、マスコミは静かだった。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が23日の参院予算委員会で、日本の安全保障について、「最大の抑止力は憲法9条だ」と述べ、米国の核抑止力の有益性を認めない場面があった

 福島氏は「戦争をしないと定めた憲法9条があって、先輩の政治家は戦争をしなかった。それこそが日本に対して(核を)撃ち込ませてこなかった」と独自の主張を展開した。佐藤正久氏(自民)が「米の核抑止力は日本に必要だ」と答えた鳩山由紀夫首相との違いを追及すると、福島氏は国会審議にもかかわらず、「閣僚としての発言は差し控える」と答弁を拒否。これには野党側が反発し、審議が一時中断した。

 福島氏は結局、「社民党の見解とは違うし、党の見解は変えないが、閣僚の一員としては従う」と説明。社民党党首と閣僚の2つの立場から、苦しい答弁に追い込まれていた。
 ↑ここまで

« 「天皇元首」「外国人参政権」など検討 自民が憲法改正で論点整理 | Main | 自民、憲法改正原案を発議へ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48343648

Listed below are links to weblogs that reference 抑止力は米の「核の傘」ではなく「憲法9条」 福島氏が持論展開:

« 「天皇元首」「外国人参政権」など検討 自民が憲法改正で論点整理 | Main | 自民、憲法改正原案を発議へ »