September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 口蹄疫要望次々 支援団体訪問の小沢氏に | Main | 県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説 »

May 10, 2010

口蹄疫で農相が宮崎訪問 東国原知事と対応を協議

 産経新聞のページに、「口蹄疫で農相が宮崎訪問 東国原知事と対応を協議」という記事がある。さすがに秋田県への出張は取り止めたようだ。

 4月20日に1例目が見つかってから20日間。政府は何もして来なかった。それで過去最悪の事態を招いてしまった。

 「同県では4月下旬からこれまでに、牛や豚の感染疑いが見つかった農家や施設は56カ所に上り、処分対象は6万匹を超えた。国内では過去最悪の被害規模」である。

 にもかかわらず、「農相は大型連休中にメキシコやキューバなどを訪れていたため、感染疑いが見つかってから同県訪問は初めて」。

 やることが全て後手後手に回っている。首相の普天間基地移設問題と重なって見える。民主党は何でもこうなのか。

 国民のことなど考えていない。選挙のこと、闇法案のこと、そして日本破壊法案のことばかりだ。日本人はもっと怒るべきだ。民主党のメンタリティは支那や朝鮮と似ているから、黙っていればつけ上がるだけだ。最もつけ上がらせたのがマスコミで、その筆頭が朝日新聞である。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 宮崎県で家畜感染症の口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、赤松広隆農林水産相は10日、宮崎県庁で東国原英夫知事と会談した。知事は防疫のために必要な獣医師らの人員確保や、被害農家に対する国の支援拡充などを要請した。

 農水相は「協力できることはすべてやっていきたい」と強調。ただ、農家への支援拡充については「どういうやり方があるのか検討させてほしい」と述べるにとどめた。

 同県では4月下旬からこれまでに、牛や豚の感染疑いが見つかった農家や施設は56カ所に上り、処分対象は6万匹を超えた。国内では過去最悪の被害規模。農相は大型連休中にメキシコやキューバなどを訪れていたため、感染疑いが見つかってから同県訪問は初めて。

 知事は7日、同県を訪れた民主党の小沢一郎幹事長にも、処分される家畜の補償額の引き上げや、発生農家に対する無利子融資制度の創設などを求めた。
 ↑ここまで

« 口蹄疫要望次々 支援団体訪問の小沢氏に | Main | 県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48328158

Listed below are links to weblogs that reference 口蹄疫で農相が宮崎訪問 東国原知事と対応を協議:

« 口蹄疫要望次々 支援団体訪問の小沢氏に | Main | 県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説 »