September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 普天間、決着期限こだわるべきでない…福島党首 | Main | 【首相訪沖】広がる不信、怒る沖縄 »

May 05, 2010

中国船、日本のEEZ内で海保船に接近

 産経新聞のページに、「中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 外務省が厳重抗議」という記事がある。中国の国家海洋局の海洋調査船「海監51」が3日午後、奄美大島北西沖約320キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、海上保安庁の測量船「昭洋」に接近、約3時間45分にわたり追跡し、海監51が無線で「この海域は中国の規制が適用される海域だ」と主張し、昭洋に調査を中止するよう呼びかけたという。

 支那は日本のEEZを認めていない。これも支那の太平洋進出のためだろう。日本は自国のEEZ内で調査をしているのに、支那に中止を求められている。舐められているのだ。これも小沢・民主党が「朝貢」的な対支那外交を行ったことと、インド洋給油中止や普天間基地問題で、日米関係が悪化しているからであろう。

 支那にとってはチャンスだが、日本にとっては危機だ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 海上保安庁は4日、中国の国家海洋局の海洋調査船「海監51」が3日午後、奄美大島北西沖約320キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、海上保安庁の測量船「昭洋」に接近、約3時間45分にわたり追跡してきたと発表した。海監51が調査の中止を要求したため、日本の外務省は4日、中国政府に厳重抗議した。

 海上保安庁によると、現場は日本のEEZ内で、地理的中間線から日本側に約40キロの東シナ海。同庁の測量船が活動中に外国船に接近され、調査中止を求められたのは初めてという。

 昭洋が地殻構造調査を行っていた3日午後2時ごろ、海監51が徐々に接近。最接近時は約1キロ弱の距離になった。同3時半ごろには、海監51が無線で「この海域は中国の規制が適用される海域だ」と主張し、昭洋に調査を中止するよう呼びかけた

 昭洋は「日本の大陸棚であり国際的に正当な調査を行っている」と応答したが、その後も海監51は追跡をやめず、調査継続に支障が出たため、昭洋が予定を変更して奄美群島方向に向かうと、同5時45分にレーダーから消えたという。

 先月8日と21日には、中国海軍艦艇の艦載ヘリコプターが公海上で海上自衛隊の護衛艦に接近し、外務省が中国側に抗議している
 ↑ここまで

« 普天間、決着期限こだわるべきでない…福島党首 | Main | 【首相訪沖】広がる不信、怒る沖縄 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48271275

Listed below are links to weblogs that reference 中国船、日本のEEZ内で海保船に接近:

« 普天間、決着期限こだわるべきでない…福島党首 | Main | 【首相訪沖】広がる不信、怒る沖縄 »