September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 郵政採決強行 暴挙と言わざるを得ない | Main | 検察審査会に説明要求 民主・辻氏「圧力と違う」 »

May 30, 2010

社民、連立離脱を正式決定

 産経新聞のページに、「社民、連立離脱を正式決定 民主との選挙協力は検討」という記事がある。そもそも連立している方が不自然だったのだ。福島瑞穂は「筋を通してよかったとみんなから言われた。新しい政治を切り開きたい。これからは『与党』というわけにはいかない」と言っている。確かに「筋は通した」と思う。方向が間違っているだけで。

 こういう場合、自民党が与党なら、首相の任命責任がマスコミから問われたはずだが、何もない。本来なら、政府の方針に反対して沖縄にまで行った福島瑞穂など罷免されて当然だし、首相は責任を取って辞任しないといけない。

 また、選挙協力を民主党と続けるというのは筋が通っていない。潔くきっぱり手を切るべきだ。卑怯だ。

 これで日本の政治がほんの少しでもマシになってほしいのだが。首相辞任と幹事長辞任がないと...。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 社民党は30日、都内のホテルで全国幹事長会議と常任幹事会を開き、連立政権からの離脱を正式決定した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、福島瑞穂党首が閣僚を罷免されたことを受け、執行部が連立離脱を提案し、了承された。夏の参院選での民主党、国民新党との選挙協力については、昨年9月に3党でまとめた政策合意の扱いを政府・民主党に確認したうえで判断する方針を確認した。

 福島氏は会議のあいさつで、「社民党の『1丁目1番地』の平和と基地の問題に関し、(沖縄県名護市の)辺野古の海に基地をつくる政治に加担することはできない」と強調した。また、会議後の記者会見で「筋を通してよかったとみんなから言われた。新しい政治を切り開きたい。これからは『与党』というわけにはいかない」と語った。ただ、社民党が重視する労働者派遣法改正案などが審議中であることを踏まえ、「是々非々でやっていく」とも述べ、政策ごとの部分(パーシャル)連合を模索する考えを示唆した。

 重野安正幹事長も「われわれは離脱するが、政党間のつきあいは粘り強く追求したい」と、民主党との協力関係を継続したい意向を示した。

 社民党の辻元清美国土交通副大臣は会議後、記者団に対して、前原誠司国交相に電話で辞任の意向を伝えたことを明らかにした。31日に辞表を提出する。

 社民党の全国幹事長会議では、連立離脱への慎重論をとった新潟、大分両県連など一部を除き、大部分の県連が「党首が罷免されたことは重い」などと離脱を唱えた。

 ただ、夏の参院選で改選を迎える近藤正道参院議員(新潟選挙区)は反発し、会議後も「私は納得していない」と述べた。党執行部は民主党との選挙協力維持を追求する方針だ。

 一方、福島氏は30日午前のテレビ朝日の番組で、罷免直前の28日午後に、民主党の小沢一郎幹事長から「あなたは筋が通っている」と、電話で言われたことを明らかにした。
 ↑ここまで

« 郵政採決強行 暴挙と言わざるを得ない | Main | 検察審査会に説明要求 民主・辻氏「圧力と違う」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48497881

Listed below are links to weblogs that reference 社民、連立離脱を正式決定:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/31 09:56) [ケノーベル エージェント]
名護市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [Read More]

« 郵政採決強行 暴挙と言わざるを得ない | Main | 検察審査会に説明要求 民主・辻氏「圧力と違う」 »