September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 鳩山首相は沖縄を見たことがない!! | Main | 上海万博開幕 国威発揚の場を生かせるか »

May 01, 2010

上海万博開幕 発展モデル転換の糸口に

 5月1日の産経新聞朝刊の社説は、「上海万博開幕 発展モデル転換の糸口に」だ。見出しだけを見ると、前日の毎日新聞の社説「上海万博 中国の未来図を描け」と似ているようだが、内容が然違う。

 ただ、産経も甘い。「環境・省エネ技術」が外交カードになると思っている。軍事力が背景になければ、カードになどならない。技術を盗まれて終わりだ。日米関係が悪化しているからこそ、中国が大胆な軍事行動に出ているのである。

 抜粋する。

 ↓ここから
 しかし、会場の外に目を転じれば、極端な格差の現実がある。北京や上海など沿海部の都市には1億円以上もする超高級輸入車を買う富裕層が出現する半面、地方農村には貧困にあえぐ人々が少なくない。

 中国が現在の経済成長を続ければ、同じペースでエネルギー消費も膨らみ、近い将来には世界中から資源を買いあさっても追いつかないのは必至だ。すでに世界一の温室効果ガス排出国であり、公害も深刻化している。

 中国は自らの発展モデルを転換する糸口を上海万博で見つけてほしい。例えば、官民連携で出展の日本館は太陽電池シートを外装にした発電膜をはじめ太陽光や雨水、空気などを取り込んだ省エネシステムを採用している。省エネや環境問題で先に経験を積んだ日本は、自らの存在意義をもっと強調していい。

 中国が今最も必要とする環境技術を日本を含む世界から導入するためには、国際標準に沿った受け入れ態勢を整えなければならない。そのために知的財産権の保護が重要だが、最近の万博PRソングなどの盗作騒動でも明らか
になったように中国側の知財保護の意識は希薄だ。

 上海万博を機に、中国がまず国際標準を受け入れるよう、日本も「環境・省エネ技術」をカードに働きかけを強めるべきだ。それが戦略的互恵関係ではないか。
 ↑ここまで

« 鳩山首相は沖縄を見たことがない!! | Main | 上海万博開幕 国威発揚の場を生かせるか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48231041

Listed below are links to weblogs that reference 上海万博開幕 発展モデル転換の糸口に:

« 鳩山首相は沖縄を見たことがない!! | Main | 上海万博開幕 国威発揚の場を生かせるか »