September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 上海万博 出足低調、来場者予想の半分、それでも大混乱の不思議…メンツ丸つぶれ? | Main | 押し紙という存在 »

May 05, 2010

首相沖縄訪問についての各紙社説

 5月5日の各紙朝刊に、首相沖縄訪問についての社説が載った。首相がようやく沖縄の地政学上の重要性に気付いたようだ。今まで空想的で実現しても意味のない県外移転を、今までの経緯も理解せず主張していたことになる。気付くのが遅すぎる。産経新聞の言うように、現行計画で進めるしかないだろう。辺野古住民のほとんどは移設に「賛成」「合意」しているのだ。反対しているのは数人と、辺野古外、県外の者ばかりだ。進めても問題ない。反対しているのは日本共産党などの左翼であり当事者ではない。

 各紙の社説の見出しを列挙する。

 産経新聞: 首相沖縄訪問 もはや現行計画しかない
 読売新聞: 首相沖縄訪問 遅すぎた方針転換と説得工作
 毎日新聞: 首相の沖縄訪問 今さら「県内移設」では
 朝日新聞: 首相沖縄訪問―月末までに何ができるか

 毎日新聞と朝日新聞には、未だに現実が見えていない。首相以下のバカだ。

 各紙の社説から引用し、意見を書く。


 産経新聞

 「就任後初の沖縄訪問で、鳩山由紀夫首相は仲井真弘多県知事に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について『すべてを県外にということは、なかなか現実問題として難しい』と述べた」

 わかるのが遅すぎる。まだ一部を県外に移設しようというのは、首相のメンツを保つためだろうか。

 「あまりにも遅い決断が国益を損ない、解決をより難しくしたといえる。首相の政治責任はきわめて重大である」

 本来、移設先は辺野古であり、建設方法まで決まっていた。それを完全にゼロに戻してしまったのが、首相の県外移設発言だ。社民党のいう国外移設は論外だ。

 「政府はキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)に移設する現行案を、沖合の浅瀬に移動し、埋め立てに代わる杭(くい)打ち桟橋(QIP)方式に修正することを検討している。これに海兵隊のヘリ部隊の一部を鹿児島県・徳之島に移すことがセットとなっている」

 杭打ち桟橋(QIP)方式も既に健闘され、堅牢性やテロの危険性が指摘され、採用されなかった案である。

 「だが、与党の社民、国民新両党が浅瀬案に反対を表明しており、米側は部隊の一体運用の観点から分散移転に反対するなど、実現は困難な情勢だ。期限内決着を目指すうえで、首相は現行計画に立ち返るしかあるまい」

 もう期限まで1ヵ月を切ったし、「腹案」も非現実的だった。現行案で進めるしかあるまい。またそれが、ずっと健闘して出た結果なのだし、日米で合意した結果なのだから、政権交代しても守るのが当然であった。

 「首相は知事に対し、海外移設論は米軍の抑止力を維持できず、日米同盟の観点から排除する考えを示した。県外移設論も同様の問題点を抱えていることは、当初から明らかだったはずだ」

 それをわかっていない政党が政権を握り首相を出したのが間違いなのである。

 「首相の訪問の意義は、米軍抑止力の重要性をどれだけ沖縄県民に説明できるかにもあった。その意味で、きわめて不十分な訪問だったと言わざるを得ない」

 首相はこの機会に、辺野古以外の沖縄県民の反対を取り下げさせる必要があったはずだ。はっきりと沖縄の地政学的な重要性を明言すべきだった。


 読売新聞

 「政府は、沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を杭打ち桟橋方式に変更する案と、鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊の移転を組み合わせる方向で調整している」

 「だが、米側は、他の海兵隊部隊の駐留する沖縄から遠い徳之島への移転に難色を示す。杭打ち桟橋方式にも安全面などの理由から同意するかどうかは不透明だ」

 「首相が今回、具体的な移設先に言及しなかったのは、こうした事情があるようだ」

 期限まで1ヵ月もないのに、この体たらくである。もう無理ではないか。

 「本気で5月末の問題決着を考えていたのなら、もっと早期に具体案を示し、地元との調整に入るべきだった。もはやアリバイ作りのように地元の首長らと顔合わせをしている段階ではない」

 そうか、アリバイ作りだったのか。無駄なことだ。

 「国外移転を主張する社民党の顔を立ててグアムなどを視察し、貴重な時間を浪費する。過去に否定されたシュワブ陸上部案やホワイトビーチ沖合案が浮上しては消える。杭打ち桟橋方式も、14年前にも検討されたことがある」

 「長年の検討作業の成果・蓄積を何ら活用せず、政治家がにわか勉強でまとめた移設案を無定見に打ち出し、その度に、移設先の地元を振り回した。『政治主導』の悪弊の典型と言えよう」

 これが民主党の政治主導だ。何をやっても無駄ばかり。日本の財政や安全保障、秩序を破壊してばかりいる。自らの「政治とカネ」の問題にも知らぬ振りを決め込んで、誰も責任を取らない。総辞職すべき閣内不一致も当たり前のように何度も起こっている。

 「現行計画を否定しているのもおかしい。首相は最近、埋め立てを「自然への冒涜」と言い出した。本当にそう考えるなら、最初にそう言うべきだろう。単に自らのメンツを守るため、現行計画の修正を図っているとしか見えない」

 基地のための埋め立ては「自然への冒涜」で、民間企業の行う埋め立ては構わない。明らかに矛盾している。バカなことをまだ言っているという感じだ。なぜ現行案が現実的に問題があるのかを明確に述べるべきだ。どうせ読売の言うように、メンツを守るためだけだろうから、現行案で進めるべきだ。それしかない。最初からわかっていたことだが。


 毎日新聞

 「昨年の衆院選で『最低でも県外』と主張し、国会などで『県外』を繰り返したのとは大きな違いだ。県内移設の方針を明言したのは初めてであり、『県外』白旗宣言だ」

 大きな違いではなく、大きな間違いだったのだ。毎日新聞にはまだそれがわかっていない。

 「現行案にこだわる米側の意向に配慮して『辺野古の海』への基地建設に回帰し、米政府と一緒になって基地の県内たらい回しを押しつける--首相発言は沖縄県民にそう映っているに違いない。『移設先は辺野古以外に』という昨年12月の首相の言葉もほごになった」

 現行案にこだわる米側の意向に配慮しているのではなく、沖縄に基地を置く重要性があるからである。また。一旦日米間で合意した移転先や方法を、一方的に白紙にする方が間違っている。契約社会であるアメリカとの約束をいともたやすく反故にし、何度もウソを付き続けてきたのだから、首相の信用は地に堕ちてしまった。それにあわせて日本の信用も低下した。トヨタ叩きもその一環だろう。韓国系アメリカ人が炊きつけているという話がある。

 「今回の沖縄訪問で「5月末決着」が極めて困難であることが改めて明らかになった。普天間飛行場の継続使用という最悪の事態が現実味を増している。5月末決着に『職を賭す』と明言した首相の言葉は重い。実現できなければ、首相の政治責任が厳しく問われることは免れない」

 毎日新聞には、現行案で進めるということが、眼中にないようだ。現行案で進めても首相の政治責任は厳しく問われなければならないが。


 朝日新聞

 「首相によれば、国外移設は在日米軍の抑止力を維持する必要から不可能だという結論に至ったという。県外も、あまり遠くに移すことは不可能だと『判明した』という。いまごろになって、この程度の説明をされても納得する人がどれだけいるだろう」

 朝日新聞も毎日新聞と同様、沖縄基地の重要性を理解していない。又は意図的に左翼の運動を煽っている。首相の言う「在日米軍の抑止力を維持する必要」性を記事で補完することも可能なはずだが、批判ばかりしている。アジビラと変わらない新聞である。それが「不偏不党」とか「公器」を装うから嫌らしいのである。

 「首相はまた、「将来的には、グアム、テニアン移設は十分にありうる」とも述べた。東アジアの安全保障環境を長期的にどう見通し、日米同盟をどう対応させていくのか」

 そもそも、この社説などからは、朝日新聞が東アジアの安全保障をどう考えているのか全く読み取れない。以前の社説や記事からは支那の属国になりたいような印象は受けるが。何せ、独裁国家の新聞である人民日報と提携している新聞だから。

 「負担を減らしていきたいという発想はいい。ただ、腹を据えた戦略的な対米、対アジア外交ができなければ絵に描いた餅で終わる。首相への不安はそこにもある」

 全米軍基地と自衛隊共同利用基地に対する、沖縄にある米軍基地の割合は24.5%にすぎない。負担を減らしていきたい、という前に事実を把握すべきだ。それに先ほどから何度も言っている沖縄の地政学的な重要性がある。こればかりはどうしようもない。沖縄に基地を置いてもらうしかない。米軍基地が嫌なら、アメリカのように核兵器を数発は保有し、自衛隊を駐留させないといけない。朝日新聞にそれだけの覚悟があるのか。空想的平和主義など、押し付けて欲しくない。

 「首相は今後も沖縄を訪れて対話を重ねたい考えのようだ。政権発足からこんなにたって、まだ最初の一歩にすぎない状況だ」

 この書き方では、朝日新聞も県外移設を求めているようだ。現実が見えていない。

 「残された短い時間で移設先の理解を得ることができなければ、決着の先送りか、地元の同意なき強行か。首相にはいずれかの選択肢しかなくなる」

 辺野古の住民の数人を除き、米軍基地移設に合意している。地元の同意は既にある。現行案で進めればよい。朝日の言うような「強行」ではないのだ。

« 上海万博 出足低調、来場者予想の半分、それでも大混乱の不思議…メンツ丸つぶれ? | Main | 押し紙という存在 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48281638

Listed below are links to weblogs that reference 首相沖縄訪問についての各紙社説:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/06 10:03) [ケノーベル エージェント]
名護市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [Read More]

« 上海万博 出足低調、来場者予想の半分、それでも大混乱の不思議…メンツ丸つぶれ? | Main | 押し紙という存在 »