September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« SIMロックでiPad“独占” またソフトバンクかよ! | Main | 北方領土 露の攻勢にだんまりとは »

May 11, 2010

普天間問題 許されぬ首相の逃げ切り

 産経新聞の11日朝刊の社説は、「普天間問題 許されぬ首相の逃げ切り」だ。民主党はやはり責任逃れをする積りのようだ。抜粋する。

 「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、平野博文官房長官が『決着の仕方はいろいろある』『政治的に決着させるためにどうするか』などと語った」

 「平野長官らの発言は、このまま期限切れを迎えれば、鳩山由紀夫首相への退陣要求が強まるなど政局が流動化することを避ける予防線といえるだろう」

 「だが、5月末の決着を明言したのはほかならぬ首相である。先月の党首討論などで「沖縄県民、移設先、米国の3者」と連立与党が合意する形で決着させると繰り返している。10日もその方針に変わりがないと強調した」

 でもルーピー鳩山の言葉そのものが信用できない。軽すぎるからなあ。

 「普天間問題を迷走させ、日米関係を傷付けることで、国民の政治への信頼を失ってきたことをどう認識しているのか。先送りは背信行為であり、国の根幹である安全保障政策の放棄に等しい。決着の定義を変えて逃げ切ることなど、許されない

 「沖縄に集中する負担を分かち合うのは大事だが、安易な取り組みは移転先の反発を招き、米海兵隊などを『厄介者』扱いすることにつながる。日本の平和と安全を命懸けで守っている米軍がどう受け止めるかを考えるべきだ。日米防衛協力の抑止力を維持する観点からも、きわめて不適切である」

 辺野古の住民の殆ど(数人を除く)は、基地移設を容認している。米兵との交流もある。反対しているのは辺野古以外の住民と県外から来た連中、共産党などの左翼だ。首相は事実を見極め、自民党政権が合意した現行案で進めるべきである。残された時間ではそれしか手はない。そして、沖縄県民や国民に謝罪しろ。

 万一(というかほぼ間違いなく)今月末に合意できなかった場合は、潔く辞任し、衆議院を解散・総選挙して、民意を問え。半年少し前の野党のときには、そういって自公政権を批判していたのだから、逆の立場になっても同じことだ。まさか、知らん振りをすることはないだろうな(反語)。「秘書の責任は議員の責任だから銀辞職すべき」と言っていたのはルーピー鳩山自身だったしなあ。

« SIMロックでiPad“独占” またソフトバンクかよ! | Main | 北方領土 露の攻勢にだんまりとは »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48336247

Listed below are links to weblogs that reference 普天間問題 許されぬ首相の逃げ切り:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/12 10:49) [ケノーベル エージェント]
宜野湾市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [Read More]

« SIMロックでiPad“独占” またソフトバンクかよ! | Main | 北方領土 露の攻勢にだんまりとは »