September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 | Main | 上海万博 出足低調、来場者予想の半分、それでも大混乱の不思議…メンツ丸つぶれ? »

May 05, 2010

【首相訪沖】広がる不信、怒る沖縄

 産経新聞のページに、「【首相訪沖】広がる不信、怒る沖縄」という記事がある。辺野古への移転を反対しているのはほとんど他地域か県外の人間なのだが。ほとんど、昔の成田空港闘争のようになってしまったのではないか。

 あと、日米が共同利用している基地を含めると、沖縄にある基地は日本の24.5%(面積比)にしかならない。75%もあると騙されてはいけない。

記事を引用する。

 ↓ここから
 初めて沖縄を訪れた鳩山由紀夫首相。「沖縄県民の総意」を尊重すると繰り返しアピールしてきたが、県民には、首相と民主党政権への不信感が燎原(りょうげん)の火のように広がっている。

 日米間で普天間飛行場の全面返還が合意されてから14年。4日、鳩山首相が県民に示した答えは「県内移設」と「負担の継続」だった

 「首相がなんと言おうが、ほとんどの県民は辺野古で落ち着くのでは、と思ってきた。民主党政権は、自民党は14年かけて杭(くい)1本打てなかった、と批判するが、14年かけて辺野古への移設を実現した。ところが、今の政権は簡単にわれわれの苦渋の選択をゼロベースに戻してしまった

 40代のホテル関係者は、そういって鳩山政権の対応に反発する。

 普天間飛行場近くの自営業者は、「『県外・国外』移設発言が、静まっていた反対派グループの活動に弾みをつけてしまった」と、首相発言の影響を指摘する。「彼らは県民の本音を忖度(そんたく)することなく、闘争の舞台を沖縄に移している」と嘆いた。

 一方で、首相が4日、沖縄に協力を要請した「負担」をめぐり、県民には怒りとともに、大きな失望も広がっている。
 「県外移設の候補に名前が挙がった自治体のほとんどは即座に拒否した。これが現実だ。本来、国防を唱えるなら沖縄の負担の軽減をすべての自治体が一体になって考えなければいけない」

 米軍基地を抱えるある自治体関係者はそう語った上で、「米軍の統治下から本土復帰後、40年近くたって、ようやく本土が近くなったと思ったのに、再び差別を実感させられた」と続けた。

 首相の訪問を受け、県民からはこんな言葉が聞かれた。

 「ヤマチラカチ、ヌースガ」

 「これほど混乱させておいて、今さら、何をしようとするのか」という意味だ。(宮本雅史)
 ↑ここまで

« 中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 | Main | 上海万博 出足低調、来場者予想の半分、それでも大混乱の不思議…メンツ丸つぶれ? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48271347

Listed below are links to weblogs that reference 【首相訪沖】広がる不信、怒る沖縄:

« 中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 | Main | 上海万博 出足低調、来場者予想の半分、それでも大混乱の不思議…メンツ丸つぶれ? »