September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 日中韓首脳会談についての各紙社説 | Main | »

May 31, 2010

首相「日本へ攻撃なら冷静な態度困難」と発言

 読売新聞のページに、「首相『日本へ攻撃なら冷静な態度困難』と発言」という記事がある。昼間の報道では、実は韓国側のデマで、韓国が日本に謝罪したとあったのだが、本当に発言していたのか。

 日本の首相の発言である。日本が攻撃されたら武力でやり返すと言ったに等しい。どうせ何も頭にない状態で発言したのだろうが。ルーピーはこうやって日本を更に危険に晒す。さっさと辞任しろ。

 ついでに言うと、韓国が何も「冷静で落ち着いた態度」を維持しようとしているのではなく、韓国内に北朝鮮シンパが多いから、動けない状態なのだ。前と前々大統領の時代で、韓国人の約3分の1が北朝鮮に親しみを感じるようになったという。真偽は定かではないが。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 鳩山首相が韓国・済州島で30日に行われた日中韓首脳会談で、北朝鮮の魚雷攻撃による韓国哨戒艦の沈没事件について、「仮に日本が同じ攻撃を受けていたとすれば、韓国のように冷静で落ち着いた態度を維持するのは容易でなかっただろう」と発言していたことが分かった。

 会議出席者が31日、明らかにした。

 これについて、会談に同席した福山哲郎外務副大臣は31日の記者会見で、「韓国と比較し、日本の場合にはどういう態度が取られるだろうかという例示で言った。冷静な対応が無理だと決めつけて言ったとは受け止めていない」と述べ、首相の発言を事実上、認めた。

 首相の発言は、自衛権の発動を示唆したと受け止められる可能性もあるが、福山副大臣は「自衛権の発動という言葉は一切出ていない」と強調した。
 ↑ここまで

« 日中韓首脳会談についての各紙社説 | Main | »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48509109

Listed below are links to weblogs that reference 首相「日本へ攻撃なら冷静な態度困難」と発言:

« 日中韓首脳会談についての各紙社説 | Main | »