September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「暴走・社民」の皮算用 離反恐れ首相が免罪符 福島氏沖縄入り | Main | 「王政廃止は間違いだった」 政治混乱めぐりネパール元国王 »

May 26, 2010

社民党 政府方針反対なら離脱を

 産経新聞の26日の社説は、「社民党 政府方針反対なら離脱を」だ。閣内不一致をものともせず、平気で普天間基地の県内移設に反対するのだから、当然、閣内に残れる訳が無い。ところがモラルも糞もない社民党や民主党のことだから、平気で居直るのは間違いない。

 社説から抜粋する。

 「福島氏は25日、沖縄を訪問し、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事に「沖縄にこれ以上、基地を増やしてはならない。一緒に頑張ろう」と共闘を呼びかけた。これらは閣内不一致である。国家の基本である安全保障政策で政府がまとまっていないことがあってはならない」

 「政府方針に反対する以上、社民党は政権を離脱するのが筋だ」

 これが正論なのだが、政権交代後から今まで正論が通った試しが無い。ここまでひどい政権はわしの経験上初めてだ。自民党が下野した細川内閣の時はまだモラルや責任感があった(今と比べればだが)。

 「社民党は辺野古案に反対する理由として『昨年9月の連立政権合意に違反している』と主張している。だが、政権合意は『米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む』としている。普天間問題の具体的な解決策を明示しなかった以上、政府方針が合意違反とはいえまい」

 米軍再編や在日米軍基地のあり方についてはもう嫌と言うほど見直したのではないのか。現行案が最適であることもわかっただろう。どこが合意違反か。社民党がゴネているだけである。

 「福島氏は『新たな基地を造ることは、県民の負担軽減にならない』とも主張している。移設問題が解決しなければ、普天間の危険性は除去されない。嘉手納以南の基地返還や海兵隊8千人のグアム移転にも支障を来す。社民党の反対は、かえって負担を固定しかねないことを認識すべきだ」

 そういう認識などないだろう。そこまでさえ頭が回っていないと思う。馬鹿馬鹿しくって仕方が無い。

« 「暴走・社民」の皮算用 離反恐れ首相が免罪符 福島氏沖縄入り | Main | 「王政廃止は間違いだった」 政治混乱めぐりネパール元国王 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48465504

Listed below are links to weblogs that reference 社民党 政府方針反対なら離脱を:

« 「暴走・社民」の皮算用 離反恐れ首相が免罪符 福島氏沖縄入り | Main | 「王政廃止は間違いだった」 政治混乱めぐりネパール元国王 »