September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 北朝鮮の魚雷攻撃と米韓が判断 哨戒艦沈没で韓国紙報道 | Main | 普天間問題で福島氏「5月末までに、めどや方向性を出すだけでよい」 決着こだわらず »

May 06, 2010

普天間問題で首相 「最低でも県外」は「努力したいという思い」 小学生の言い訳か?

 産経新聞のページに、「普天間問題で首相 『最低でも県外』は『努力したいという思い』」という記事がある。努力したいという「思い」だけで、決着していた普天間問題をゼロに戻したのか。それに「「努力をしたいという思いで今日まで行動してきた」って、「頑張ったけど出来ませんでした」という、小学生レベルの言い訳じゃないか。

 一般社会でこんなのは通用しない。ましてや一国の首相が言うんだから史上最低の首相だな、これは。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 鳩山由紀夫首相は6日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり「最低でも県外」としていた自身の発言について「努力をしたいという思いで今日まで行動してきた。場当たりな発言は一切していない」と反論した。首相公邸前で記者団に答えた。

 その上で「『沖縄の負担軽減のための米軍再編見直しを行いたい』というのが公約だ」と述べ、飛行場の県内移設は公約違反ではないとの考えを重ねて強調した。

 首相は野党時代、民主党代表として「最低でも県外の方向で積極的に行動したい」と繰り返しアピールしていたが、4日の沖縄県訪問の際には、「海外という話もなかったわけではないが、すべてを県外というのは難しい」と撤回した。
 ↑ここまで

« 北朝鮮の魚雷攻撃と米韓が判断 哨戒艦沈没で韓国紙報道 | Main | 普天間問題で福島氏「5月末までに、めどや方向性を出すだけでよい」 決着こだわらず »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48284979

Listed below are links to weblogs that reference 普天間問題で首相 「最低でも県外」は「努力したいという思い」 小学生の言い訳か?:

« 北朝鮮の魚雷攻撃と米韓が判断 哨戒艦沈没で韓国紙報道 | Main | 普天間問題で福島氏「5月末までに、めどや方向性を出すだけでよい」 決着こだわらず »