September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 一刻も早く潰すべき、悪徳、反日、売国、在日企業 | Main | 日の丸を切り刻んで党旗を作る民主党は、日本国を侮辱している 許しがたい行為だ! »

May 09, 2010

論調観測 普天間問題 透ける「政治主導」の実体

 毎日新聞の9日朝刊の社説は、「論調観測 普天間問題 透ける『政治主導』の実体」だ。全文引用するが、さすがに毎日にも民主党の無能さわかってきたようで、最後が面白い。ただ、政治は結果が全てなので、幾ら視力を尽くそうが何にもならない。ルーピー鳩山や民主党は死力を尽くすどころか余計なことだけしているのだが。

 ↓ここから
 再三繰り返してきた「最低でも県外」「5月末決着」が絶望的な状況になった。鳩山由紀夫首相に対するメディアの論調は批判一辺倒と思われるかもしれないが、どういう立場から首相を批判しているかは新聞によってかなり異なる。

 まず5日の社説から。米軍普天間飛行場の国外・県外移設という民主党の公約に批判的だった産経は「海外移設論は米軍の抑止力を維持できず……県外移設論も同様の問題点を抱えていることは、当初から明らかだったはずだ」「あまりにも遅い決断が国益を損ない、解決をより難しくした」と論じた。読売も「もっと早く安全保障の観点から県内移設を目指す方針に転換し、沖縄県民に謝るのが筋だった」と主張する

 これに対して朝日は「負担を減らしていきたいという発想はいい」、東京は「目指そうとした方向性は評価していい」という立場から批判する。「十分な努力をしたとはとても思えない」「いまごろになって、この程度の説明をされても納得する人がどれだけいるだろう」(朝日)、「選挙目当ての甘言だった。国民を欺いた首相の政治責任は極めて重い」「思慮の浅さと政治手腕の拙劣さを猛省すべきである」(東京)。期待値が高かった分だけ辛辣(しんらつ)だ。

 抑止力への理解が浅かった、「最低でも県外」は党の公約ではない、という首相発言に対しては、朝日が「公約でないとは恐れ入る」(7日)で再び取り上げ、毎日は「あまりにお粗末で、こそくな弁解だ」「戦略を欠いたまま日時を浪費し、追い込まれた末の苦し紛れの言動」(8日)と厳しく断じた。

 抑止力の重視と沖縄の負担軽減の両立が難しいのは分かっていたが、歴史的な政権交代を実現した民主党が何らかの解決策を見いだすのではないかと期待した人は少なくなかったはずだ。ダメでも死力を尽くした仕事には何がしかの教訓や感慨が残るものだが、かりゆし姿で沖縄に登場した首相からは何かを感じ取れたか。

 「長年の検討作業の成果・蓄積を何ら活用せず、政治家がにわか勉強でまとめた移設案を無定見に打ち出し、その度に、移設先の地元を振り回した」(5日読売)。「移設案」を別の言葉にすると鳩山政権の「政治主導」の実体が透けて見える。年金や医療制度の改革も、財源がないまま政治家のにわか勉強では解を得られないだろう。まぶしいマニフェストに比べ、政権の現実は痛ましく不安が募るばかりだ。【論説委員・野沢和弘】
 ↑ここまで

« 一刻も早く潰すべき、悪徳、反日、売国、在日企業 | Main | 日の丸を切り刻んで党旗を作る民主党は、日本国を侮辱している 許しがたい行為だ! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48313561

Listed below are links to weblogs that reference 論調観測 普天間問題 透ける「政治主導」の実体:

« 一刻も早く潰すべき、悪徳、反日、売国、在日企業 | Main | 日の丸を切り刻んで党旗を作る民主党は、日本国を侮辱している 許しがたい行為だ! »