September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 事業仕分けは、やはり受け狙いだった | Main | 赤松大臣の空白の一日を追え! やはりゴルフか!? »

May 23, 2010

名護市長「首相のやり方、前政権よりひどい」

 産経新聞のページに、「名護市長『首相のやり方、前政権よりひどい』」という記事がある。根回しも何もしていないのだろう。これでは「地方主権」など実現できないし、実現されたら困ることがわかるだろう。

 国で決めたことは何とかして地方に呑んでももらわないと国政が回らないことがある。基地や原発がそうだろう。辺野古への基地移転は10年以上かかってやっと合意したのに、ルーピー鳩山が反故にしてしまった。

 しかし結局は現行案とほとんど変わらない。一体何をしたかったのか。理想だけでは政治はできないし、国民が迷惑するだけだ。

 ついでに口蹄疫事件も政治主導という理想を掲げながら実際は政治家が無能で何も出来なかったから今も感染が止まらないという訳だ。

 どちらも日本を破壊しているといえる。民主党は日本を破壊する政党なのだ。普通の政治もできないのに、数の地力で闇法案・日本解体法案が通されてしまえば、日本はもうお仕舞いだ。

 国会は既に会議場の体をなしていない。民主党のヤジがひどすぎて質疑が出来ないからだ。これほど低レベルな国会議員たちを集めた政党が多数政党になったのは、政党政治が成立して以来、初めてのことだろう。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 沖縄県の仲井真弘多知事は22日、日米両政府が米軍普天間飛行場の移設先を同県名護市辺野古とすることを大筋で合意したとの報道について、「県内移設はとても受け入れられる状況ではない。鳩山首相がどういう考えなのか、首相の沖縄訪問の際によく聞いてみたい」とコメントした。


 名護市の稲嶺進市長は「首相は明日、何をしに来るのか分からない。やり方は前政権よりもひどい」と吐き捨てた。また、「地元は何も知らされていない。そんなやり方で押しつけてきてもできるわけがない」と怒りをあらわにした。

 沖縄県議会の高嶺善伸議長は「『最低でも県外』という鳩山首相の言葉に期待していた。それがまた元に戻ることは絶対に許されない。一国の首相、政治家としての資質を疑う」と厳しく批判した。

 県議会では、23日の首相訪問にあわせ、所用のある4議員を除く44県議全員が朝から議会前に座り込み、「県内移設」反対の意思表示を行う予定。
 ↑ここまで

« 事業仕分けは、やはり受け狙いだった | Main | 赤松大臣の空白の一日を追え! やはりゴルフか!? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48434862

Listed below are links to weblogs that reference 名護市長「首相のやり方、前政権よりひどい」:

« 事業仕分けは、やはり受け狙いだった | Main | 赤松大臣の空白の一日を追え! やはりゴルフか!? »