September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 横浜教組、教科書不使用を指示 自由社版中学歴史…学校教育法抵触の冊子配布 | Main | 政党紙配布―理は無罪判決の方にある »

May 15, 2010

米政府、くい打ち方式を正式拒否

 産経新聞のページに、「米政府、くい打ち方式を正式拒否 『ミサイル攻撃に弱い』 日本政府案振り出しに」という記事がある。くい打ち方式は自民党時代に既に検討済みで廃案になっているから、アメリカに拒否されるのはわかっていたはずだ。

 なぜそこまで現行案を拒絶するのか。辺野古の住民は殆ど反対していないし、「ジュゴンの海」というのもウソだし。社民党に引きずられているのなら、さっさと政権から追い出すべきだ。というか、民主党内で旧社会党勢力が強いということだろう。

 そもそもいったん2国間で合意した案を一方的に破棄するのが非常識なのだ。アメリカは現行案を主張してきたというが当然だ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、12日にワシントンで行われた日米審議官級協議でキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)沖合に、くい打ち桟橋方式(QIP)で代替施設を建設する日本側の提案に対し、米側が正式に反対する考えを伝えていたことが明らかになった。外交ルートで政府案が正式に拒否されたのが確認されたのは初めて。昨年の政権発足以来、8カ月間にわたって進められてきた移設見直しは振り出しに戻らざるを得ない状況だ。

 日米関係筋によると、事前の非公式協議でQIPに反対する米側の意向はたびたび伝えられていた。しかし、国外や県外への移転ではなく、「(シュワブ沿岸部を埋め立てるとした)現行案に近い場所への移設なら、QIPについても米側の理解を得やすい」(日本政府筋)と判断。12日の協議で米側への正式提案に踏み切った

 これに対し米側は、海中からのテロ攻撃だけではなく、QIPだと埋め立てに比べて上空からのミサイル攻撃に弱く、反撃態勢をとるまでの復旧作業が困難であることを主な理由に挙げて反対した。

 審議官級協議では「基地防衛と被災後の復旧に関する技術上の問題も徹底的に話し合われた」(日米関係筋)という。米側からは環境問題や海中からのテロの危険だけではなく、基地存立にかかわる根本的な面で問題があるとの認識が示された形。それだけに「米側がQIPを受け入れる可能性はゼロに近い」(日本政府筋)との悲観的な見方が出ている。政府の試算だと、QIPの場合、工期は7年、建設費は現行案の1・5倍かかる。

 日本側は12日の審議官級協議で米側に対し、QIPのほか、訓練場所を鹿児島・徳之島など全国に分散して沖縄の負担を減らす案をパッケージで示した。しかし、米側はQIPについては基地としての問題のほか、与党の国民新、社民党も反発しており、訓練場所の分散では徳之島の住民が反対しているとして実現性に強い疑問を表明。シュワブ沿岸部を埋め立て、V字形滑走路2本を建設する現行案が最善との従来の考えを伝えてきたという。
 ↑ここまで

« 横浜教組、教科書不使用を指示 自由社版中学歴史…学校教育法抵触の冊子配布 | Main | 政党紙配布―理は無罪判決の方にある »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48360554

Listed below are links to weblogs that reference 米政府、くい打ち方式を正式拒否:

« 横浜教組、教科書不使用を指示 自由社版中学歴史…学校教育法抵触の冊子配布 | Main | 政党紙配布―理は無罪判決の方にある »