September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「鳩山談話」へ延命を図る「朝鮮人民主党」 | Main | 「上海万博―排外民族主義の前で日本館は大丈夫か」 自信ないなあ »

May 24, 2010

「君が代不起立教諭の処分、二審も適法」 当然だろ

 産経新聞のページに、「君が代不起立教諭の処分、二審も適法 広島『裁量おのずと制限』」という記事がある。

 「国歌斉唱時の起立は一般の儀礼的行為で、処分は適法」

 「校長の職務命令は内心の精神活動に影響を与えるが、学習指導要領の趣旨にかなっており、社会に開かれた学校の行事では個々の教師の裁量はおのずから制限されるべきだ」

 全くもって常識的な判決である。これを批判するのが日教組。日本が嫌なら外国へ出ていって教師デモすれば同か(北朝鮮とか支那とか)。少なくとも公立学校の教師を辞めるべきである。

 わしが学生のときは、国旗掲揚も国歌斉唱もなかった。日本共産党を公然と支持する教師たちに、権利を奪われていたのだ。

 参考:
  一止羊大「学校の先生が国を滅ぼす」(産経新聞出版)
  大和撫吉「日狂組の教室」(晋遊舎)

 記事を引用する。

 ↓ここから
 卒業式や入学式で職務命令に反して君が代を起立斉唱しなかったことを理由に戒告処分にしたのは懲戒権の逸脱・乱用として、広島県の県立高校などの教諭と遺族ら男女計45人が県教育委員会の処分取り消しを求めた訴訟で、広島高裁は24日、「国歌斉唱時の起立は一般の儀礼的行為で、処分は適法」として、教諭側の控訴を棄却した。

 判決理由で広田聡裁判長は「校長の職務命令は内心の精神活動に影響を与えるが、学習指導要領の趣旨にかなっており、社会に開かれた学校の行事では個々の教師の裁量はおのずから制限されるべきだ」と指摘。思想・良心の自由を定めた憲法19条の違反には当たらず、処分を適法とした一審広島地裁判決を踏襲した。

 判決によると、教諭らは平成13~16年、校長の職務命令に従わず、君が代斉唱時に起立しなかったとして、戒告の懲戒処分を受けた。

 公立学校での君が代斉唱をめぐっては19年、最高裁が東京都日野市の小学校入学式でピアノ伴奏を拒んで戒告された音楽教諭への職務命令を合憲と判断している。
 ↑ここまで

« 「鳩山談話」へ延命を図る「朝鮮人民主党」 | Main | 「上海万博―排外民族主義の前で日本館は大丈夫か」 自信ないなあ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48450994

Listed below are links to weblogs that reference 「君が代不起立教諭の処分、二審も適法」 当然だろ:

« 「鳩山談話」へ延命を図る「朝鮮人民主党」 | Main | 「上海万博―排外民族主義の前で日本館は大丈夫か」 自信ないなあ »