September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 郵政改革法案、選挙優先の超短時間審議 民主が「民主」を否定 | Main | 鳩山降ろし 民主党内でついに始まる »

May 29, 2010

普天間日米合意についての各紙社説

 29日の各紙朝刊に、普天間日米合意についての社説が載った。見出しを列挙する。

 産経新聞: 普天間日米合意 国益損なう首相は退陣を 逃れられぬ迷走と失政の責任
 読売新聞: 普天間日米合意 混乱の責任は鳩山首相にある
 毎日新聞: :「普天間」政府方針 この首相に託せるのか
 朝日新聞: 首相の普天間「決着」―政権の態勢から立て直せ

 どの社説もルーピー鳩山首相を批判しているのだが、温度差がかなりある。

 社説を抜粋して意見を書く。


 産経新聞

 「昨秋以来、鳩山由紀夫政権は迷走を続け、現行計画とほぼ同じ内容を沖縄県などが受け入れるのは当面絶望視されている。『最低でも県外』と鳩山首相が県民感情をあおったためである。これでは閣議決定された政府対処方針も画餅(がべい)にすぎないではないか」

 「『5月末までに決着させる』とした首相の約束は果たせなかった。その政治責任は極めて重大だ。しかも首相は尖閣諸島の領有権に関して、日中間の当事者が話し合いで結論を出すと表明した。尖閣諸島が日本固有の領土であることへの認識すらない

 「一国の平和と繁栄の責務を担う最高指導者として不適格と言わざるを得ない。国益を損なう『愚かな首相』は、一刻も早く退陣すべきである

 鳩山首相を「愚かな首相」と明記しているのは産経新聞だけだ。そして、「退陣すべきだ」と書いているのも産経新聞だけ。他紙は一体どうなっているのか。

 「共同声明は、普天間移設が海兵隊8千人のグアム移転や嘉手納基地以南の返還と連動していることを改めて確認した上で、代替施設の工法などの詳細を『いかなる場合でも8月末まで』に決定すると明記している。あと3カ月で地元の理解を得るのは困難にせよ、作業を加速し、何としても合意を達成しなければならない」

 鳩山には無理だ。左翼の勢いをつけてしまった以上、強引に進めるしか手は無い。幸いにも辺野古住民の殆どは移設に合意しているのだ。

 「首相は「辺野古」明記を容認しない福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免した。安保政策が一致しない以上、当然の措置だが、あまりに時間をかけすぎ、国民の信頼を損なう結果となった」

 昨年12月で罷免しておくべきであった。未だに国外移設、最低でも県外移設を主張し、憲法9条があれば日本は守れるという空想的平和主義者が政権にいること自体が間違っているのだ。

 「社民党の連立離脱論が強まる中で、与党議員ら180人が『将来の国外・県外移設』を政府対処方針に盛り込むよう求める声明を出したのも理解し難い。国家の安全保障よりも、選挙協力のための連立維持に奔走する政権与党の姿勢は極めて問題である

 民主党は日本の安全保障よりも、自らの選挙の方が大切なことがわかる。下劣な政党であるといえる。


 読売新聞

 「政府は当初、県内移設に反対する社民党に配慮し、日米の共同声明にある移設先の『辺野古』を、対処方針には明示しない方向で調整していた。だが、福島党首の罷免に伴い、対処方針にも『辺野古』を明記した」

 「『二重基準』をとらなかったのは当然のことだ。民主党には、社民党が政権を離脱し、参院選での選挙協力ができなくなる事態を避けたい思惑がある。だが、選挙目当てで、安全保障にかかわる問題をあいまいにすべきではない

 「社民党は、『日米安保条約は平和友好条約に転換させる』『自衛隊は違憲状態』との見解を維持している。そもそも、民主党が、基本政策の異なる政党と連立を組んだこと自体に無理があった」

 旧社会党でさえ、村山党首が首相になったら、自衛隊は「違憲」から「合憲」へと考えを変えた。現実に基づいた判断だろう(憲法を変えないのであれば。社民党はそれさえできなかった。読売の言う通り、そもそも連立すること自体に無理があったのだ。

 「首相は、問題決着に『5月末』の期限を自ら設けた。それまでに沖縄県、移設先の自治体、米国、連立与党の同意を得ると『大風呂敷』を広げたうえ、最近まで『職を賭す』などと言い続けた

 「ところが、実際は、米国との合意を得ただけで、沖縄も移設先も社民党も反対している現状は、これらの発言を裏切るものだ

 「政府の最高責任者が「国民との約束」を反故にすれば、政治への信頼は地に落ちる

 もう既に地に落ちている。口蹄疫の問題もあるし。日本解体法案の推進も公になってきた。

 「名ばかりの『政治主導』で、重大な失政を犯しながら、首相も担当閣僚も責任をとらず、民主党内から強い批判も出ないのは、あまりにお粗末だ」

 民主党内に自浄能力が無いということだ。同じような無責任な連中の集まりなのだろう。

 「政治で問われるのは結果責任だ。努力したが、できなかったでは、誰も評価しない」

 首相の謝罪はまるで小学生の言い訳にしか聞こえない。結果責任という意味を知らないのではないか。ルーピーは。

 「首相に求められるのは、自己流の「思い」を語ったり、会談相手に迎合したりすることではない。着地点を見極めつつ、閣僚と官僚を使いこなし、最後は自ら決断して問題を解決する実行力だ」

 これだけ言いながら、首相に辞任を求めないのはおかしい。この文章にある「首相」が鳩山以外を指すようには文脈からは読み取れないのだ。


 毎日新聞

 「天間問題は首相が約束した、移設先の合意を含めた「5月末決着」も「県外移設」も実現できなかった」

 「閣議後に記者会見した首相は、県外の約束が守れなかったことを謝罪し、辺野古移設について『代替地を決めないと普天間の危険が除去できない』と語った。また、移設先・沖縄の理解を得ることなどに『今後も全力を尽くす』と述べ、首相の職にとどまる考えを明らかにした」

 「職を賭す」と最近まで行っていた首相の言葉とは正反対だ。予想通りだが。

 「私たちは、鳩山首相が政治の最高責任者の座に就き続けることに大きな疑念を抱かざるを得ない。最大の政治課題、普天間問題での一連の言動は、首相としての資質を強く疑わせるものだった。これ以上、国のかじ取りを任せられるだろうか。来る参院選は、首相の資質と鳩山内閣の是非が問われることになろう」

 毎日新聞は、首相が責任を取らなければ、来る参院選で「首相の資質と鳩山内閣の是非が問われることになろう」という。当然だ。しかし、民主党は選挙のためなら何でもする政党だ。自民党の支持基盤を壊すため、農家の戸別補償を行ったし、子供手当や高校無償化というバラマキもやった。日本医師会や郵政まで味方につけようとしている。国民の意思が選挙に反映されるかは不明だ。

 「経済財政政策や深刻な雇用への対策、緊急の口蹄疫(こうていえき)対応、政治主導の国づくり、緊迫する朝鮮半島情勢--内政・外交の諸課題が山積している。しかし、首相の言葉が信を失った今、誰がその訴えに耳を傾けるだろうか。深刻なのはそこだ」

 確定申告においても、税務署員に対して「首相が脱税しているのに」と愚痴をこぼす人が多かったという。

 「普天間移設が現実に進展しないとしても、普天間問題の原点である周辺住民への危険除去は、ただちに取り組むべきだ。訓練分散などによる飛行回数の大幅減少は急務である。大惨事が起きかねない現状を放置してはならない」

 これはおかしい。基地があるから普天間の人口が増えてきたのだ。基地があるにもかかわらず近くに学校を建てたり、移転できるのにしなかったりするのはなぜか。左翼運動のためである。


 朝日新聞

 「『5月末決着』という、もうひとつの公約すら守れなくなることを恐れ、事実上、現行案に戻ることで米国とだけ合意したというのが実態だろう」

 違うと思う。首相はやっと米軍の抑止力という現実に気付いたのだ。まだ気付いていないのが朝日新聞や社民党なのだ。

 「日米合意は重い。だが辺野古移設は沖縄の同意なしに現実には動くまい。首相はどう説得するつもりなのか」

 「それが進まなければ、2014年までの移設完了という『日米ロードマップ』(行程表)の約束を果たすことも極めて困難になる。それとも強行という手段をとることも覚悟の上なのか」

 強行すべきだ。反対しているのは日本共産党などの左翼だ。辺野古住民の殆どは元々基地移転に合意している。

 「しかし、鳩山首相が退いても事態が改善されるわけではないし、辞めて済む話でもない。誰が首相であろうと、安保の要請と沖縄の負担との調整は大変な政治的労力を要する。そのいばらの道を、首相は歩み続けるしかない」

 「そのためには民主党が党をあげて、人事も含め意思決定システムの全面的な再構築を図り、政権の態勢を根本から立て直さなければならない」

 朝日新聞はどうあっても、民主党に政権を任せたいようだ。これだけ政権担当能力のなさや無責任さ、卑劣さをみせておきながら。とんでもないことだ。

 「何より考えるべきなのは鳩山政権誕生の歴史的意義である。有権者が総選挙を通じ直接首相を代えたのは、日本近代政治史上初めてのことだ」

 それは、民主党はもとより、朝日新聞をはじめとするマスコミが、有権者を騙したからではないか。何をボケたことを言っているのか。

 「政治改革は政権交代のある政治を実現した。永久与党が短命政権をたらい回しする政治からの決別である。選ぶのも退場させるのも一義的には民意であり、選んだらしばらくはやらせてみるのが、政権交代時代の政治である」

 はあ? 選んでも駄目だったら再び「政権交代」が起こるのが、政党政治、特に2大政党のあり方だろう。そこまでデタラメを書いて民主党を擁護するのか、朝日新聞は。馬鹿じゃないのか。これを読んで本気にする者がいるとは思えない。

 「歴史的事件から1年もたたない。政治的な未熟さの克服が急務とはいえ、旧時代の『政局』的視点から首相の進退を論じるのは惰性的な発想である」

 自民党の時には、特に失政がなくても、「政権交代」ばかりを訴えてきた朝日新聞とは思えない。大体、政局視点からの首相の身体を論じてきたのは民主党であり、朝日新聞ではないか。ひどすぎる社説だ。

« 郵政改革法案、選挙優先の超短時間審議 民主が「民主」を否定 | Main | 鳩山降ろし 民主党内でついに始まる »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48485026

Listed below are links to weblogs that reference 普天間日米合意についての各紙社説:

« 郵政改革法案、選挙優先の超短時間審議 民主が「民主」を否定 | Main | 鳩山降ろし 民主党内でついに始まる »