September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« NHKが「『日本と朝鮮半島』第2回 三・一独立運動」でまた歴史を歪曲し日本を悪者に! | Main | 甘利氏への懲罰動議は第二の永田メール事件となる »

May 18, 2010

頑張れ日本!NHKに抗議する国民大行動

 blog「花うさぎの『世界は腹黒い』」さんに、「頑張れ日本!NHKに抗議する国民大行動」という投稿がある。

 「NHK一万人訴訟公判にあわせて台湾から華阿財氏も参加、街宣四回 デモも実施、NHKを徹底的に糾弾!」ということだ。

 NHKはもはや支那や朝鮮の人間に支配されているようだ。

 参考:
  藤井厳喜「NHK捏造事件と無制限戦争の時代」(総和社)
  「NHKの正体」(オークラ出版)

 引用させてもらう(写真も)

 ↓ここから
 13日と15日、「NHK解体」と書かれた揃いのTシャツを着た市民による街頭宣伝とデモ行進が渋谷で断続的に開かれ、周辺や道ゆく人の注目を集めた。これは昨年話題となった「NHK一万人訴訟」の第二回公判が14日に東京地裁で開かれたタイミングあわせて開催された「頑張れ日本!NHKに抗議する国民大行動」として実施されたもので、デモ行進には約二百人が参加、口々に「NHK解体!」のシュプレヒコールを叫んでNHKや渋谷周辺を行進した(ニュース調ここまで)。

主催したのは「NHK『JAPANデビュー』」を考える国民の会、頑張れ日本!全国行動委員会、草莽全国地方議員の会、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム、日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会ほか。参加された皆さん、連日ご苦労さまでした。天下のNHKをやっつける行動って、なんかワクワクして抗議にも気合いが入りますよね。

  13日午後5時30分から行われた渋谷ハチ公前での街頭宣伝には、翌日の公判に出廷するために台湾から来日した華阿財氏も登壇、最初は日本語で、途中から台湾語(永山英樹氏が通訳)して挨拶しました。いや~、失礼ですがお年の割には精悍でお元気ですね。公判での意見陳述の模様はチャンネル桜の水島総氏が既にレポートしてくれているので、下記に貼り付けた動画をご覧下さい。なかなか感動的な内容だったそうです。

  15日は午後二時から渋谷ハチ公前で再び街頭宣伝を行い、ここではNHKOBでNHKを正す会を主宰している大谷英彦氏、内部告発者でもある立花孝志氏も登壇、NHKの内部を知る立場からNHKの偏向報道や捏造報道の真実を訴えていました。続いて午後三時にはNHKの正面、かっての渋谷公会堂で現在C.C.Lemonホール前に移動して大規模な街宣を行い、「NHK! 解体!」のシュプレヒコールをしつこく繰り返しました。

 向かいのけやき通りでは「タイフェスティバル2010」が開かれていて凄い人出。こちらの街宣にも注目が集まる中、永山英樹氏が「NHKは禁止されているサブリミナル映像を日曜夜に放送しています。最初のタイトルを録画して静止画で再生してみるとハッキリ見えます」などと訴えると、多くの人が聞き入っていました。このアピールは非常に効果が大きいと思いました。

デモ行進は宮下公園が道路工事のため使えず、その先の神宮通公園に集合して出発。街宣カーに乗り込んでコーラーを勤めたのは松浦芳子・草莽全国地方議員の会会長で、普段演説の場数をこなしているせいか堂々たるアピールを行っていました。デモ隊が出発して間もなく藤沢から戻った水島総氏も合流、氏はデモ行進中一人で街宣を力強く続け、デモ隊が合流すると再び気合いの入ったNHK批判を遅くまで続けていました。

 なおNHKスペシャルは新シリーズ「日本と朝鮮大陸」が始まってますが、永山英樹氏が早速このシリーズのサブリミナル映像を次のように分析していますので一部を紹介します。

 ・こうした常識からは納得できない「シリーズ日本と朝鮮大陸」の見解、主張は、北朝鮮のプロパガンダの代行としか思えないのである。この番組は、日本が近隣国との間の「歴史認識の溝」を埋めれば、東アジア共同体と言った地域の共同体の形成が可能になると強調するものだったが、その主張の一環として日鮮国交樹立の希求をも呼びかけたのだ。

・ちなみに番組のOPタイトルバックにはサブリミナル映像と思われる米軍兵士の写真が、不可解にもわずか〇・三秒映し出されるが、その直後に金大中、金正日ら南北首脳が笑顔で握手する写真が大写しになる。思わずここには「日米同盟の時代」に代わる「アジア重視の時代」(日本の近隣国への屈服の時代)の到来を印象付けようとの政治的意図があるかと疑ってしまう。

・それはいずれにせよ、歴史問題において贖罪意識を扶植し、日本の弱体化を進め、中国など近隣国の国家戦略、国益に資するとの売国姿勢は、昨年の「JAPANデビュー」にも増して、さらに明確になってきた
 ↑ここまで
Baikokudonhkdemo

« NHKが「『日本と朝鮮半島』第2回 三・一独立運動」でまた歴史を歪曲し日本を悪者に! | Main | 甘利氏への懲罰動議は第二の永田メール事件となる »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48388127

Listed below are links to weblogs that reference 頑張れ日本!NHKに抗議する国民大行動:

« NHKが「『日本と朝鮮半島』第2回 三・一独立運動」でまた歴史を歪曲し日本を悪者に! | Main | 甘利氏への懲罰動議は第二の永田メール事件となる »