September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 民主党の三日月大造氏がビラを配っていた | Main | 橋下知事「民主は究極の中央集権志向政党」 »

April 21, 2010

「主幹教諭」増員ゼロ 民主政権下でまた日教組の影響か

 21日の産経新聞に「『主幹教諭』増員ゼロ 民主政権下 組合の影響拡大も」という記事がある。「主幹教諭は、国旗・国歌などに反発して、教育委員会や校長の意向を無視する教職員組合や学校現場が続出したことなどから、教育改革の一環として平成20年度に導入された」が、今年の増員はゼロである。国旗・国歌に何が何でも反対する日教組の影響があるのだろう。日教組は民主党の支持母体だし、民主党の輿石氏は「教育の中立などありえない」と日教組支持を明言している。

 このままでは日本の教育もダメになる。全国学力テストも30%+希望校だけになってしまったし。

 参考: 一止羊大「学校の先生が国を滅ぼす」(産経新聞出版)

 記事を引用する。

 ↓ここから
公立の小中学校で校長の学校運営を補佐して一般教員を指導する「主幹教諭」が、政権交代に伴って増員がゼロとなり、各地の教育委員会が反発を強めていることが20日、分かった。文部科学省に増員を求める意見書も提出されている。主幹教諭制度については、学校運営で教委や校長などとたびたび衝突してきた教職員組合側が「学校管理強化につながる」と反発してきた経緯がある。各地の教育委員会では「また過激な組合活動が行われるのではないか」と危機感を募らせている。
 主幹教諭は、国旗・国歌などに反発して、教育委員会や校長の意向を無視する教職員組合や学校現場が続出したことなどから、教育改革の一環として平成20年度に導入された。現在、全国34都道府県に1万人近く置かれているが、文科省は今年度2500人を増員し、さらに多くの自治体に置く方針だった。

 しかし、昨年8月、教職員組合の支援を受けて衆院選に勝利した民主党政権が、概算要求をやり直したところ、文科省の主幹教諭増員要求は448人に減少。財務省との折衝の過程などを経て、最終的には増員はゼロとなった。

 「大臣ら政務三役の判断」(関係者)だった。これに対して各地の教育委員会が反発。全国市町村教育委員会連合会や指定都市教育委員・教育長協議会が、主幹教諭の増員を求める意見書を文科省に提出した。

 今年度、教職員全体は約4200人増員していることから、文科省では「主幹教諭にかかる学校運営の負担を、ほかの教職員で補っていく」と説明するが、増員ゼロが教職員組合側の“利益”と一致していることから、教育委員会関係者からは「主幹教諭制度が、今後、骨抜きにならないか」という声が上がっている。

 教育評論家の石井昌浩氏は「現場で後輩教員を指導し、レベルアップさせていく立場の主幹教諭は重要。まだまだ足りない」と指摘している。

 学校運営と教職員組合をめぐっては、平成5年に広島県立世羅高校の校長が国旗国歌問題をめぐって教職員組合と対立して自殺に追い込まれ、教育改革が議論され始めた経緯がある。
 ↑ここまで

« 民主党の三日月大造氏がビラを配っていた | Main | 橋下知事「民主は究極の中央集権志向政党」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48143093

Listed below are links to weblogs that reference 「主幹教諭」増員ゼロ 民主政権下でまた日教組の影響か:

« 民主党の三日月大造氏がビラを配っていた | Main | 橋下知事「民主は究極の中央集権志向政党」 »