September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 蒼い月 なみだ事件簿にさようなら! | Main | 自滅は御免こうむる »

April 06, 2010

携帯ロック解除―ガラパゴス日本に別れを

 朝日新聞の6日の社説は「携帯ロック解除―ガラパゴス日本に別れを」だ。珍しくまともな内容の社説を書いている。結構なことだ。

 「日本の産業は、大きな国内市場に守られて、ともすれば独自規格を採用し、世界で通用しない製品開発の道をひた走ってしまうことがある。生物が独自の進化を遂げた絶海の孤島にたとえて『ガラパゴス化』問題ともいわれ、ケータイがその典型例だ」

 世界ではそれほど高機能なケータイを求めていなかった。その分もっと安価なものにニーズがあったのである。だから安物の韓国製のケータイが世界では売れてしまう。

 「『不思議』の一つは、ケータイ端末がほかの通信会社では使えないよう、通信会社がいわばかぎをかけていることだ。これに対して、総務省がそのかぎを解除する方針を打ち出した」

 ケータイ本体を限りなく安くし、その分通信料で設けようというビジネスモデルだったからである。朝日も次のように書いている。

 「まず、ユーザーは、自由に携帯端末やサービスが選べた方がよいのに、選択肢が狭められる。また、端末の値段と通信料金の区別もあいまいだ。通信会社は、端末の価格をできるだけ安くして販売を伸ばし、通信料金で回収しようとする。かつて『1円携帯』が売り出されたのもそのためだ」

 「解除されれば、世界市場をにらんだ自由な物づくりの道も開ける。あまりに遅い転換ではあるが、ガラパゴス島からの脱出の第一歩にしたい」

 ぜひそうしてほしい。そうすれば、たとえばiPhoneがDOCOMOで使えたりする。

 「大きな波は、日本にも押し寄せる。日本のケータイの闘いは厳しいものになるだろうが、国内市場に安住しているわけにはいかないことは明白だ。通信会社にしばられずに自らの強みを生かした物づくりの道を探り、世界にも打って出る。そんな本来の姿に戻るしか、日本の産業が生き残る道はない」

 そのものづくりの強みを維持するには教育が必要だ。それを弱体化してきたのは、ゆとり教育であり、朝日新聞が肩を持つ日教組である。あ、どうしても批判してしまう。すまん。

« 蒼い月 なみだ事件簿にさようなら! | Main | 自滅は御免こうむる »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48015077

Listed below are links to weblogs that reference 携帯ロック解除―ガラパゴス日本に別れを:

« 蒼い月 なみだ事件簿にさようなら! | Main | 自滅は御免こうむる »