September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 独法事業仕分け 「政治劇場」の再現では困る | Main | 民主幹部、参院選で「公明票に期待」 »

April 16, 2010

普天間5月決着を絶望視 予防線張り始めた政府

 産経新聞のページに、「普天間5月決着を絶望視 期限迫り予防線張り始めた政府 米側は柔軟姿勢伝える」という記事がある。

 「平野氏は、移設先を閣議決定すると断言してきたことについても『閣議決定かは別として、何らかの意思は明確にしなければならない』と発言を後退させた」

 何らかの意思さえ明確にはならないだろう。自民党政権なら、閣内不一致というだけで、退陣とか解散・総選挙とかマスコミが攻撃していたのだが。

 アメリカはもうあきれかえっているのか、以外にも柔軟な姿勢を見せている。

 「米政府は日米合意に基づき2本のV字形滑走路を造る現行案を基本とするものの、これまでの沖縄県などの要望も踏まえ、現在の環境影響評価(アセスメント)の許容範囲内である沖合50メートル移設や、前政権時代に求めた陸寄りの浅瀬に建設する「浅瀬案」について検討する意向を日本側に示している」

 ところが、鳩山がまだ県外移設を、福島などは国外移設を求めている。絶対にまとまるとは思えない。

 どうする積りか。

« 独法事業仕分け 「政治劇場」の再現では困る | Main | 民主幹部、参院選で「公明票に期待」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48101738

Listed below are links to weblogs that reference 普天間5月決着を絶望視 予防線張り始めた政府:

« 独法事業仕分け 「政治劇場」の再現では困る | Main | 民主幹部、参院選で「公明票に期待」 »