September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 前提失った参政権推進論 | Main | ネットを敵視した朝日新聞の3面記事 »

April 05, 2010

朝鮮学校の就学支援金の支給可否の判断は都道府県に?

 47NEWSのページに、「支給可否の判断は都道府県に 朝鮮学校の就学支援金」という記事がある。日本政府としての判断をはっきりと示せよ。「支給しない」と。金日成を礼賛している朝鮮人(外国人)の学校に支給する必要など無い。独裁国家の片棒を担ぐことになる。

 地方に責任を転嫁するな。これでは文部科学省など要らない。

 同様の理由で竹島問題を地方に任せている外務省も要らない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 文部科学省は1日、高校無償化法に基づく就学支援金を朝鮮学校の生徒に支給するかどうかの判断は、学校所在地の都道府県に委ねる方向で検討を始めた。朝鮮学校は国ではなく都道府県が各種学校として認可、監督し運営状況などを把握していることが理由だ。

 文科省は今後、都道府県側と調整、月内にも設置される教育専門家による「検討の場」(文科相の私的懇談会)で議論した上で、夏までに正式決定したい考え。朝鮮学校への支給に対し知事の間でも賛否が分かれる中、国が地方に判断を“丸投げ”するとの批判も出そうだ。

 検討中の案では、文科省が懇談会の議論を経て、夏ごろに定める朝鮮学校への支給要件に基づき都道府県が各学校を審査。要件を満たしていると都道府県が認定した学校名を文科相が官報に告示、生徒1人当たり世帯年収に応じて年額約12万~24万円の就学支援金を支給する。

 朝鮮学校への支給要件は「日本の高校に類しているかどうか」が軸となる。学校教育法は(1)教育内容(2)教員の数や質(3)校舎や校庭など施設―の3項目で基準に達した学校を「高校」と定義。
 ↑ここまで

« 前提失った参政権推進論 | Main | ネットを敵視した朝日新聞の3面記事 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48007635

Listed below are links to weblogs that reference 朝鮮学校の就学支援金の支給可否の判断は都道府県に?:

« 前提失った参政権推進論 | Main | ネットを敵視した朝日新聞の3面記事 »