September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 沖縄「密約」判決についての各紙社説 | Main | 永住外国人が急増する背景とその実態 永住権取得や帰化条件を厳しくせよ »

April 10, 2010

「たちあがれ日本」結党を妨害する一部の新聞記事 どこの新聞かはもうわかるだろう

 新党「たちあがれ日本」が結党された。真の保守政党として日本を守りたい日本人の期待に応えて欲しい。

 しかし、全うに新党結成を報じているのは全国紙で産経新聞と読売新聞だけだ。朝日新聞と特に毎日新聞は新党のイメージを落とすような記事を多く書いている。見出しを挙げてみる。

 産経新聞:「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編 平沼代表ら5議員

 読売新聞:売国的な法案許さぬ…平沼新党旗揚げ会見
        「日本没落の危機感も」結党会見で与謝野氏
 
 朝日新聞:「たちあがれ日本」不安の種 古巣では郵政で対立

 毎日新聞:新党:「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任 
        たちあがれ日本:10日結成 党名不評「長過ぎる」
        近聞遠見:だれに「たちあがれ」と?=岩見隆夫

 内容をみると、ちゃんと書いているのは産経だけ。読売がましという程度だ。ポイントは、民主党の売国法案に反対していることを書いているかどうかだ。

 産経新聞の記事を引用する。

 ↓ここから
 平沼赳夫元経済産業相(70)や与謝野馨元財務相(71)らが10日、都内のホテルで記者会見を開き、新党「たちあがれ日本(にっぽん)」の結党を正式に発表した。平沼氏が代表、与謝野氏は共同代表に就任。平沼氏は「政治生命のすべてをかけて、尊い国のために汗をかいていかねばならない思いで立ち上がった」と述べ、(1)打倒民主党(2)日本復活(3)政界再編-を「使命」として取り組むことを表明した。

 メンバーは平沼、与謝野両氏のほか、前自民党幹事長代理の園田博之衆院議員(68)、元運輸相の藤井孝男参院議員(67)、中川義雄参院議員(72)。「応援団長」として石原慎太郎東京都知事(77)も記者会見に同席した。

 綱領では、(1)自主憲法制定(2)信頼される行政の実現(3)財源に裏打ちされた持続可能な社会保障制度と経済成長力強化-などを掲げた。政策では「消費税収」による社会保障制度の強化を示し、外国人参政権、選択的夫婦別姓に「断固反対を貫く」としている

 記者会見では、与謝野氏が「反民主・非自民」を強調。平沼氏も保守勢力の結集による第三極路線を打ち出した。ただ、夏の参院選について平沼氏は、比例代表と改選3以上の選挙区には独自候補者を擁立するが、それ以外の選挙区では「自民党と協力できるところはしたい」と述べた。

 政界再編をめぐっては、園田氏が参院選直後の民主党との連携は「すぐにはあり得ない」と明言した。民主党の小沢一郎幹事長と今後連携する可能性には、平沼、与謝野両氏が「全く考えない」などと否定した。

 与謝野氏は、自民党内から比例代表当選議員として辞職要求がでていることに対し「この党の5人目の議員なので、できない。今回の離党はたった1回の(自民党への)わがままとして許してほしい」と述べた。
 ↑ここまで


 読売新聞の記事を引用数する。

 ↓ここから(1本目)
 反民主党を旗印に掲げる新党「たちあがれ日本」の結党記者会見が10日午後、東京都内のホテルで開かれた。

 代表に就いた平沼赳夫・元経済産業相は「今行われている民主党政権による政治は、この国をダメにしてしまうのではないか」と語り、反民主の姿勢を鮮明にした。

 民主党の政策について「売国的な法案が羅列されていて、それをいま表面に出してきている。断じて、我が日本のために、野放図に許してはならない」と厳しく批判した。

 共同代表に就いた与謝野馨・元財務相は、「民主党には政治に対する哲学や思想がない。自民党には、野党として闘う十分な気力がない。反民主として、非自民として国民のために闘っていきたい」と力説した。

 夏の参院選での他党との選挙協力について平沼代表は比例選などで独自候補を擁立するとした上で、「1人区では、自民党に協力できるところがあるのではないか。2人区についても同じことが言える」と述べた。

 新党に結党時点で参加した現職国会議員は、平沼、与謝野両氏のほか、藤井孝男・元運輸相、園田博之・元官房副長官、中川義雄参院議員の計5人。党名を名付けた石原慎太郎・東京都知事も発起人の1人として記者会見に出席した。
 ↑ここまで

 ↓ここから(2本目)
 10日、新党「たちあがれ日本」の共同代表に就いた与謝野馨・元財務相の結党記者会見での発言要旨は、以下の通り。
          ◇

 平沼代表も非常に難しい病気を克服され、最後の仕事に臨もうとしているが、私も死を直面しながら生きてきた。私もこの仕事を最後として、自分の政治人生を終わりたいと思う。議員としても30年間の議員生活をやってきた。内閣・党の要職も歴任させていただいた。私としては、十分すぎるほどの政治生活だったと思う。

 しかし、今の政治の現状を容認することはできないわけで、このまま放置しておくと、私たちの国、社会は、どこにいってしまうかわからない。日本が没落してしまうかもしれないという危機感を持たないといけないと考えている

 民主党には政治に対する哲学や思想がない。自民党には、野党として闘う十分な気力がない。私どもは「反民主」として、「非自民」として国民のために闘っていきたいと思う。

 文字通り、今回の新党結成は、同僚議員もそうだが、政治人生のすべてをかけて最後の闘いであり、本当に命がけで闘い抜きたいと思う。残された、体力、気力、そして使命感を振り絞って、新党成功のために身をささげたい。

 私たちの新党は、資金力もないし、強力な支援団体もあるわけでもない。しかし、良識ある国民の皆様方に、必ずやご支援頂けると確信している。また、我々も真実を国民に訴えながら闘っていきたいと思う。
 ↑ここまで


 朝日新聞の記事から引用する。

 ↓ここから
 平沼赳夫、与謝野馨両氏らが結成する新党の骨格が固まった。党名は「たちあがれ日本」。7日には政党交付金を受け取れる5人目の国会議員をようやく確保したが、郵政民営化をめぐり自民党内で激しく対立した面々だ。平均年齢約70歳の新党は立ち上がりから不安定だ。

 「シルバー世代とか、たそがれ世代とか言われるが、先人の努力を次の世代につなげる責任がある」。新党メンバーの藤井孝男氏は7日、ベテランぞろいの新党の役割を記者団にそう語った。

 藤井氏は同日、園田博之氏との10日の新党結成に向けた実務者協議で、新党の理念や政策の骨格を固めた。結党の趣旨は「打倒・民主党」。同党の政権担当能力に疑問を投げかけ、対決姿勢を示す。

 政策は「3本柱」で、(1)経済の回復と成長(2)財政再建と税制の抜本的改正(3)安全保障を重視し、中福祉・中負担の社会保障を目指す「安心できる日本づくり」。自主憲法制定も掲げる。

 代表となる平沼氏の保守主義と「代表格」(平沼氏)の与謝野氏が重視する経済、財政政策の両方を盛り込み、新党の二枚看板となる両氏のバランスをとった形だ。

 ただ、新党には深い溝が横たわる。かつて自民党を揺るがした郵政民営化問題だ。結党時のメンバーとなる5人のうち、与謝野、園田両氏は小泉政権下で民営化を推進。かたや平沼、藤井両氏と、この日、自民党に離党届を出した中川義雄参院議員は民営化法案に反対した造反組だ。

 この溝は、難航した5人目の国会議員の確保をめぐって露呈した。あてにしていた自民党の鴻池祥肇元防災担当相は「理念や国家観が違う方」がいるとして不参加。鴻池氏も造反組で、新党に与謝野、園田両氏が参加することが不満だったとみられる。
 ↑ここまで


 毎日新聞の記事を引用する。

 ↓ここから(1本目)
無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)と、自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相(71)らが10日、東京都内のホテルで記者会見し、新党「たちあがれ日本」の結成を発表した。平沼氏が代表、与謝野氏が共同代表に就任した。

 ほかの参加者は園田博之前自民党幹事長代理(68)、藤井孝男元運輸相(67)、中川義雄元副内閣相(72)=いずれもすでに自民党に離党届を提出。衆院3人、参院2人の国会議員計5人が参加したことで政党要件を満たした。
 ↑ここまで

 新党の方針も綱領についても一切触れていない。書きたくないのだろう。

 ↓ここから(2本目)
 平沼赳夫元経済産業相や与謝野馨元財務相らが10日に結成する新党名の評判が芳しくない。支援する石原慎太郎東京都知事の発案で「たちあがれ日本」と決めたものの、「イメージと実態が合っていない」「長過ぎる」と政界の反応は総じて冷ややかだ。果たして実力で悪評を吹き飛ばせるか--。【岡崎大輔】

 「たちがれ(立ち枯れ)日本」と皮肉ったのはみんなの党の渡辺喜美代表。新党メンバー5人の平均年齢が69・6歳と高いのを念頭に「名は体を表す。もうちょっと若々しいパワーがあった方がいい」と指摘した。自民党の田野瀬良太郎総務会長も「命名のわりに若さが不足している」と同意見だ。こうした批判に対し、与謝野氏は9日、BS朝日の番組収録で「捨て身でできる。われわれの最後の仕事だ」と反論した。

 今夏の参院選で比例代表を重視する割には、党名が長いのではないかという見方もある。自民党の小泉進次郎衆院議員は「(選挙用の)略称はどうなるんでしょうね」と語る。

 「日本」で思い浮かぶのは田中康夫衆院議員が代表を務める新党日本。平沼新党が「日本」を略称にすれば、選挙時にどちらの得票か判別が難しくなる。総務省によると、公職選挙法上、今回の参院選では4月26日から5月2日までに党名を届け出れば正式名称は保護されるが、略称は対象外で政党間で類似していても問題はない。

 なお、党名を決める過程では「がんばろう日本」「サムライ」も候補に挙がっていたという。
 ↑ここまで

 ↓ここから(3本目)
 きょう旗揚げする新党<たちあがれ日本>という党名はユニークだ。立ち上がれ、わが日本国よ、の意味はわかるとしても、だれがだれに号令をかけているのか、傍観者的な言い回しに聞こえる

 命名者の石原慎太郎東京都知事には、「国家なる幻影--わが政治への反回想」(文芸春秋・99年刊)という著作がある。政界の内面を赤裸々に綴(つづ)った興味深い内容だが、この題名は凡人に難解だ。それを思い出させた。政治はわかりやすさが肝心ではないか

 名は体を表すで、<たちあがれ日本>は性格もすっきりしない。リーダーの平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相によると、反民主党は明瞭(めいりょう)だが、縁切りしたはずの自民党との距離があいまいだ。友党のようでもあるが、それでは鮮度が落ちる

 かつて、自民離党の元祖である新自由クラブでも、自民党との距離でもめた。河野洋平が保守2党論、西岡武夫は基盤政党論を主張したからで、西岡は自民党を保守の基盤とみたのだ。

 平沼新党も基盤政党論の立場なら、自民党の補完政党ということになり、純粋な新党とは言えない。新党の基本的性格は全既成政党の否定であるはずだ。

 次に、新党らしさとは何だろうか。与謝野は離党届を出した際、谷垣禎一総裁に、カナダ、ニュージーランド、イギリスの保守政党が政権を失った例をあげ、

 「だが、彼らはその後、血のにじむような努力をした。第一に非常に若い、あっというような人を党首に選んだ。第二に……」

 と述べて自民党の努力不足を指摘したという。だが、若い党首は新党らしさの必要条件でもある

 自民、社会両党による55年体制以降、三十数個の新党が生まれては消えた。ほとんどが両党からの離脱、さらに新党の枝分かれで、まったくの新規は公明党と日本新党くらいだ。

 このうち、新党の名に値するのは次の12である。(結党順、党首の年齢は結党時)

 ▽民主社会党(60年)西尾末広68歳▽公明党(64)原島宏治54歳▽新自由クラブ(76)河野洋平39歳▽社会民主連合(78)田英夫54歳▽日本新党(92)細川護熙54歳▽新生党(93)羽田孜57歳▽新党さきがけ(93)武村正義58歳▽新進党(94)羽田孜59歳▽民主党(旧・96)菅直人49歳、鳩山由紀夫49歳▽自由党(98)小沢一郎55歳▽国民新党(05)綿貫民輔78歳▽みんなの党(09)渡辺喜美57歳

 西尾、綿貫を別にすれば、あとは全員60歳以下、平均年齢は56歳だ。あっというほど若くはないが、過去の新党運動は、還暦前の党首たちによって手がけられたことがわかる。

 その点、平沼70歳、与謝野71歳はともに前期高齢者、老人新党のイメージで、はずまないことおびただしい。若手を党首に担ぎ、2人が後衛に回れば違った展開になっていただろう。

 とはいえ、平沼らの憂国の情は理解できるし、参加者の一人、藤井孝男元運輸相が、

 「私たちの新党は政界再編の流れの中にある。自民党だけでなく民主党にもうっ積したものがある」

 と語っているのは、注目すべき政局観だ。与謝野、園田博之前自民党幹事長代理らももともと政界再編論者で、与謝野が、

 「民主党には党内民主主義がない。北朝鮮以上だ」(4日の民放テレビ)

 と挑発的発言をしたのも、自壊を促す意図がこめられているようだ。新党ばやりは再編の予兆とみられないこともない。
 ↑ここまで

« 沖縄「密約」判決についての各紙社説 | Main | 永住外国人が急増する背景とその実態 永住権取得や帰化条件を厳しくせよ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48049641

Listed below are links to weblogs that reference 「たちあがれ日本」結党を妨害する一部の新聞記事 どこの新聞かはもうわかるだろう:

« 沖縄「密約」判決についての各紙社説 | Main | 永住外国人が急増する背景とその実態 永住権取得や帰化条件を厳しくせよ »