September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 竹島「不法占拠」と言わない岡田外相 韓国に何か握られているのか? | Main | SIMロックの解除巡りツイッターで応酬 総務相と孫社長 そりゃ解除が当然だ »

April 04, 2010

日医新体制―「命を守る」先頭に立て、とは言うが

 朝日新聞の4日の社説は「日医新体制―『命を守る』先頭に立て」だ。立派なことを書いているようだが、単に、日本医師会(日医)の新会長に、民主党を支持する茨城県医師会長の原中勝征(かつゆき)氏が選ばれたことを喜んでいるだけのように読める。

 民主党は自民党の支持基盤を崩してきているのだ。

 社説から引用する。

 「日本医師会(日医)の新会長に、茨城県医師会長の原中勝征(かつゆき)氏が選ばれた。民主党とのパイプを生かした『政策実現力』を掲げての当選だ」

 「就任後のあいさつでも早速、民主党との関係修復や、『強い医師会』の復活を掲げた」

 「『医療崩壊』は深刻である。地域医療を立て直すには、医療現場にもっとお金も人も投入しなければいけない」

 「膨らみ続ける社会保障費と、国の厳しい財政事情を考えれば、大切な財源は必要度の高い分野にメリハリをつけて配分しなければいけない」

 こんな感じだ。

 ただ、「政権与党と業界団体が太いパイプを築き、既得権を守るようなやり方はもはや時代錯誤である。業界が多額の献金や集票力にものを言わせ、政治がそれに応えて利益をばらまく。そんなことが許される状況ではない」とも言っているのだが、説得力が無いように思う。

« 竹島「不法占拠」と言わない岡田外相 韓国に何か握られているのか? | Main | SIMロックの解除巡りツイッターで応酬 総務相と孫社長 そりゃ解除が当然だ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/47992863

Listed below are links to weblogs that reference 日医新体制―「命を守る」先頭に立て、とは言うが:

« 竹島「不法占拠」と言わない岡田外相 韓国に何か握られているのか? | Main | SIMロックの解除巡りツイッターで応酬 総務相と孫社長 そりゃ解除が当然だ »