September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 新たに東京韓国学校など31校に就学支援金 | Main | 真性保守・津川雅彦氏が記念講演! »

April 30, 2010

「鮮人」、「朝鮮人」は差別語ではない

 Blog「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さんに、「電凸!画題『鮮人』差別的と抗議された愛知県美術館が『不適切な表現があります…』とただし書きを掲示・更に画題の変更を検討・抗議した李龍海『画題が決まるまでいったん作品を撤去すべきだ』・美術館にメールと電凸し『絵画の作者と作品に失礼だ』と逆抗議」という投稿がある。

 その通りである。「鮮人」は普通に使われていた言葉だ。ところが今では、「鮮人」だけでなく、「朝鮮人」も差別語だという奴がいるから困る。

 Blogから、中日新聞の記事を引用させてもらう。

 ↓ここから
画題「鮮人」差別的と抗議 県美術館が変更検討
2010年4月28日、中日新聞

 県美術館(名古屋市東区)が開催する展覧会「小川芋銭と珊瑚(さんご)会の画家たち」で、展示作品の画題「鮮人」が差別的だとして抗議があり、同館が画題の変更を検討していることが分かった。

 作品は小杉未醒(1881~1964年)が明治末期から大正の間に描いたとみられるスケッチ。朝鮮半島の民族衣装を着た男性を斜め後ろから描き「とき色の唐衣を抱いて前を見ている」という内容の歌が添えられている。県美術館が東京芸大大学美術館から借り受けた。

 作品を見た福井市の詩人李龍海さん(55)が「蔑称(べっしょう)で心ある人を傷つけ、差別の種を植え付ける」と抗議。これを受け、同館は「不適切な表現がありますが、作者の反戦的意図を尊重し、そのままの表現としています」とのただし書きを掲示した。

 村田真宏副館長は取材に対し「差別的だと十分認識ができていなかったのは否定できない」と説明。小杉が、日露戦争の非戦論を唱えた平民新聞の挿絵画家を務めた経歴などから「作品は征服者に対する独立心を表現している。どういう経緯で画題が付けられたか分からない」として「朝鮮半島の人」などと変更する対応を検討している。

 李さんは28日に県庁を訪れ、公開質問状を提出する考え。「画題が決まるまでいったん作品を撤去すべきだ」と話している。
 ↑ここまで

 「鮮人」という画題を変えることの方が、画家にとって失礼だし画家の人権を無視している。但し書きも不要だ。

 「2007年(平成19年)の東京地裁の判決文にも、『鮮人』という言葉が使用されていた」というのだから、問題なかろう。問題なのは「鮮人」の日本人に対する劣等感ではないのか。

« 新たに東京韓国学校など31校に就学支援金 | Main | 真性保守・津川雅彦氏が記念講演! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48228037

Listed below are links to weblogs that reference 「鮮人」、「朝鮮人」は差別語ではない:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/01 09:55) [ケノーベル エージェント]
福井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [Read More]

« 新たに東京韓国学校など31校に就学支援金 | Main | 真性保守・津川雅彦氏が記念講演! »