September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 政府、外資のみ「法人税ゼロ」検討 日本企業を潰す気か! | Main | パチンコ「30兆円の闇」 »

April 26, 2010

韓国では、性犯罪者の再犯防止に電子足輪法が成立

 産経新聞のページに、「【世界おもしろ法律事典】性犯罪者の再犯防止に電子足輪法」という記事がある。「13歳未満の児童に対し性犯罪を犯した者や、過去に2度以上性犯罪を犯した者に、衛星利用測位システム(GPS)で捕捉できる電子足輪を装着し、24時間行動を監視」するという。

 性犯罪発生率が世界一の国、韓国ならではの法律だ。

 見出しに「【世界おもしろ法律事典】」とあるが、面白がってばかりいられない。日本人など一番に標的にされるからだ。多くの韓国人は反日教育を受けており、日本を仮想敵国と看做しているから、日本人になら何をしても構わないという雰囲気が韓国にはある。要注意だ。仮に日本人が強盗に遭ったり、強姦されたりしても、警察が「日本人だろ」と、とりあってくれない場合があるという。

 朝鮮半島なんかに行くべきではない。親日的な国を旅したほうが楽しくて気分がよくなるはずだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 韓国では「電子足輪法」が2008年9月に施行され、13歳未満の児童に対し性犯罪を犯した者や、過去に2度以上性犯罪を犯した者に、衛星利用測位システム(GPS)で捕捉できる電子足輪を装着し、24時間行動を監視している。

 電子足輪法が成立したのは、性犯罪の場合は再犯率が高いためだ。電子足輪の装着に対しては、「犯罪者に対する人権侵害」「二重処罰」といった反対の声もあった。しかし、電子足輪の装着は国の治安を守るための「保安処分」だ、と主張する保守派の議員らが中心となり立法化を推進し、法律が成立するに至った。

 韓国警察庁によると、韓国の性犯罪件数は2002年が1万1587件だったが、09年には1万8351件に増え年々増加する傾向にある。02年の場合、再犯率は8・9%だった。

 法律の施行以降、今年3月30日までに性犯罪者582人が電子足輪を装着している。このうち1人のみが再犯者で、再犯率は0・17%に抑えられており、電子足輪の効果が出ている。

 しかし今年2月、過去2度も性犯罪を犯した男が、釜山市内で女児(12)に性的な暴行を加えた後、殺害するという事件が起きた。この事件をきっかけに電子足輪法を改正し、電子足輪を装着する対象者を広げる動きが起こった。

 というのも、この男が犯した過去2度の性犯罪はいずれも電子足輪法施行前のもので、今回の犯行時には電子足輪をしていなかったためだ。

 この事件をきっかけに、法律の施行3年前にさかのぼり、この間に有罪判決を受けた性犯罪者にも装着を義務づけるなど、一部内容を改正した電子足輪法をはじめ、6つの性犯罪関連法が、3月31日の国会本会議で通過し、成立した。(ソウル 水沼啓子)
 ↑ここまで

« 政府、外資のみ「法人税ゼロ」検討 日本企業を潰す気か! | Main | パチンコ「30兆円の闇」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48191980

Listed below are links to weblogs that reference 韓国では、性犯罪者の再犯防止に電子足輪法が成立:

« 政府、外資のみ「法人税ゼロ」検討 日本企業を潰す気か! | Main | パチンコ「30兆円の闇」 »