September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 参政権反対国民大会 | Main | 歴史教科書「新編新しい社会6上」の問題点 »

April 17, 2010

外国人参政権反対一万人大会 民主議員も参加

 産経新聞のページに「外国人参政権反対一万人大会 『UIゼンセン同盟』も反対表明 民主議員も参加」という記事がある。

 UIゼンセン同盟って何だ? 記事によると、「民主党の支持母体である連合傘下最大の産業別労働組合(落合清四会長、組合員約108万人)だという。

 そのUIゼンセン同盟の石田一夫副会長が組織として反対している。理由は明確だ。

 (1)外国人参政権付与と基本的人権は別問題
 (2)納税と参政権とは結びつかない
 (3)韓国・朝鮮人ら特定永住者のみに付与すれば他国の永住者の差別になる

 いずれも当たり前のことだが、民主党の支持母体から反対意見が出ることに意義がある。そして、「民主党では松原仁、木村剛司、渡辺義彦、長尾敬の4衆院議員と金子洋一参院議員が参加した」。小沢独裁政党といわれる民主党の中では勇気ある立派な行動である。民主党からも反対の若手議員を集めて欲しい。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に反対する一万人大会が17日、東京・日本武道館で開かれた。民主党の支持母体である連合傘下最大の産業別労働組合「UIゼンセン同盟」(落合清四会長、組合員約108万人)の石田一夫副会長も出席し、反対を表明した。参政権付与には鳩山由紀夫首相、岡田克也外相、小沢一郎民主党幹事長ら政府・与党に推進派が多く、参院選後に強引に推し進めかねないとの危機感が広がっている。

 大会で石田氏は「参政権は国民のみが持つ政治に参加する権利だ。組織として地方参政権付与に反対だ」と反対を初めて公式表明した。理由として(1)外国人参政権付与と基本的人権は別問題(2)納税と参政権とは結びつかない(3)韓国・朝鮮人ら特定永住者のみに付与すれば他国の永住者の差別になる-の3つを挙げた。

 UIゼンセン同盟は民主党に川端達夫文科相ら多くの組織内議員を抱えており、推進派の動きを牽制する意味合いは大きい。

 国会議員は、自民党の大島理森幹事長、たちあがれ日本の平沼赳夫代表、みんなの党の渡辺喜美代表ら24人。民主党では松原仁、木村剛司、渡辺義彦、長尾敬の4衆院議員と金子洋一参院議員が参加した。松原氏は「民主党に同じ思いの若手議員もいる。党内できちんと発言をすることが必要だ」と述べ、反対の動きを広げていく考えを示した。

 また、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は「夫婦別姓、外国人参政権-と一昔前は予想だにしなかったことが現実味を帯びている。参政権付与が日本を滅ぼすことは当然だ。国民新党がちょいちょいでも反対してるから今国会で成立しない」と述べた。

 大会は、初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏、ジャーナリストの櫻井よしこ氏らが呼びかけ人となり、市区町村長・議員715人を含む1万257人が参加した。参政権付与反対の意見書採択を全国の都道府県、市区町村へと拡大し、自治体首長と地方議員の署名を集めるなどの活動方針を採択した。
 ↑ここまで

« 参政権反対国民大会 | Main | 歴史教科書「新編新しい社会6上」の問題点 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48112494

Listed below are links to weblogs that reference 外国人参政権反対一万人大会 民主議員も参加:

« 参政権反対国民大会 | Main | 歴史教科書「新編新しい社会6上」の問題点 »