September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 国民にたっぷり仕分けされる夏 期待している | Main | 「核なき世界」に支持少なく って本気にしているのがバカだ »

April 26, 2010

民主県連代表が激高 嫌なら「支援しなくて結構」 本性を現した民主党

 読売新聞のページに、「民主県連代表が激高 嫌なら『支援しなくて結構』」という記事がある。

 記事によると、「寝たきりの次男(17)を自宅で介護する加賀市の三ツ出小百合さんは、『子ども手当が出来ることで配偶者控除がなくなり、生活が大変になる』と制度への不安を語り、『働きたいけど、(介護で)働けない人の支援も考えてほしい』と涙ながらに訴えた。

 すると、「子ども手当を痛烈に批判された一川代表は、『子ども手当には子どもを育てる負担を和らげるという理念がある。(そう言うのなら)民主党を支援してもらわなくても良い』と声を荒らげ、一時、会場の空気が凍り付く場面も」あったという。

 批判されることを極端に嫌い、激高し、独裁的に物事を進める政党。それが民主党の正体だ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 民主党国会議員が、有権者と意見交換するタウンミーティングが24日、小松市林町のこまつドームで開かれた。同党県連代表の一川保夫参院議員と田中美絵子衆院議員の2人がホストを務めたが、約200人の出席者からは、迷走する同党の政権運営や政策への批判が相次いで寄せられ、一川代表が「支援してもらわなくても良い」と声を荒らげる一幕もあった。

 冒頭、一川代表は「マニフェスト(政権公約)は基幹はいいが、細部を見直すべきという声もあり、皆さんの意見を伺いたい」と述べ、有権者に意見を求めた。これに対し、加賀市内の男性は、「子ども手当にはビジョンがない。選挙目当てで将来の子どもにつけをまわすだけだ」と批判した

 寝たきりの次男(17)を自宅で介護する加賀市の三ツ出小百合さんは、「子ども手当が出来ることで配偶者控除がなくなり、生活が大変になる」と制度への不安を語り、「働きたいけど、(介護で)働けない人の支援も考えてほしい」と涙ながらに訴えた

 高速道路の料金改定を巡っては、「決めたことを変えるということを繰り返していたら国民は離れる」との不満も漏れた。

 子ども手当を痛烈に批判された一川代表は、「子ども手当には子どもを育てる負担を和らげるという理念がある。(そう言うのなら)民主党を支援してもらわなくても良い」と声を荒らげ、一時、会場の空気が凍り付く場面も。だが、最後は冷静さを取り戻し、「自民党は、自分中心の人物ばかりで国民のことを考えていない。民主党が責任を持って皆さんの期待に応えたい」と有権者に理解を求めた。
 ↑ここまで

« 国民にたっぷり仕分けされる夏 期待している | Main | 「核なき世界」に支持少なく って本気にしているのがバカだ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48191580

Listed below are links to weblogs that reference 民主県連代表が激高 嫌なら「支援しなくて結構」 本性を現した民主党:

« 国民にたっぷり仕分けされる夏 期待している | Main | 「核なき世界」に支持少なく って本気にしているのがバカだ »