September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 北朝鮮制裁延長 貨物検査法案の成立も急げ | Main | 中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過 日本はナメられている »

April 13, 2010

日中首脳会談 死刑執行に触れず 東シナ海・共同開発進展なし やっぱりなー

 産経新聞のページに「日中首脳会談 死刑執行に触れず 東シナ海・共同開発進展なし」という記事がある。初めから期待などしていなかったが、首相は首脳会談で日本の首相としての役目を果たしていない。一体何をしに行ったのか。支那のご機嫌伺いか。

 日本人が死刑になった。取り調べも裁判も不明な人治国家で独裁国家における死刑である。首相はいのちを守りたいのではなかったのか。であれば、一言抗議してもいいはずだ。

 そのかわりに首相はまたもや「東アジア共同体構想」などと話している。これは支那の支配下に入ることを意味する。華夷秩序に自ら入り込んでどうするのか。そもそも独裁国家と共同体ができるか。バカバカしい。

 記事を引用する。

 ↓ここから
鳩山由紀夫首相は12日午後(日本時間13日朝)、ワシントン市内のホテルで中国の胡錦濤国家主席と約50分間会談した。中国政府が日本人4人の死刑を執行したことには双方とも言及しなかった。

 冒頭で胡主席は「両国による戦略的互恵関係に(鳩山首相が)貢献したことを高く評価する」と表明。首相は「日中関係を具体的中身のある2国間関係に結びつけたい」と応じ、自ら提唱する東アジア共同体構想についても「日中が中核だ」と説明した。

 東シナ海の石油・ガス田開発問題で、首相は「早期の交渉開始のため胡主席自ら関係部局に指示を出してほしい」と述べ、共同開発の具体化に向け、条約締結交渉の早期開始を求めた。これに対し、胡主席は「日中間で接触を保持し、環境作りを行うよう希望する」と述べただけだった。

 首相は北朝鮮の核問題に関する6カ国協議の早期再開に向けて協力を要請。胡主席は「関係国と努力し、早期復帰の実現を目指したい」と応じた。

 また、首相は中国製ギョーザ中毒事件での容疑者逮捕を受け、真相解明を求め、「食の安全」に関する新たな枠組みを早急に構築することで合意した。
 ↑ここまで

« 北朝鮮制裁延長 貨物検査法案の成立も急げ | Main | 中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過 日本はナメられている »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48080453

Listed below are links to weblogs that reference 日中首脳会談 死刑執行に触れず 東シナ海・共同開発進展なし やっぱりなー:

« 北朝鮮制裁延長 貨物検査法案の成立も急げ | Main | 中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過 日本はナメられている »